2022年02月08日

2月のカンムリウミスズメ調査報告1

2月8日(火)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

一旦、調査中止の知らせを受けていたのですが、ピンポイントで海況が回復しそうだとのことで、急きょ実施することになり、「毎日、日曜日」の私としては断る理由もなく、参加した次第です。

概況を記します。


天気:曇り

調査時間:9:45から13:55まで

調査結果:カンムリウミスズメ 8(4ペア)

アビ類 前回並み?(30〜40羽)

ウミスズメ 100羽くらい(飛び回るのでダブルカウントの可能性あり)



先日来、時化が続いていたが、出港時はほとんど波がない状態。曇っているせいか海面は白く遠くまで見渡せて、カンムリ探しには絶好のコンディション。と言っても鬱陶しいマスクが防寒に役立つほど船上は底冷えする。

島近海では前回同様、アビ類の小群があちこちで見られる。相当距離が離れているのに、すぐに潜ったり、飛び去ったりで種の同定どころか写真撮影もままならない。

しばらく何も出なかったが、沖合海上を進んでいると、アビ類より小ぶりな鳥の群れが遠くに見られたので、そちらに船を進めてもらう。やっとウミスズメ類だと分かった時には、群れは飛んで行ってしまう。何とか双眼鏡でウミスズメであることは確認できたが、いつも通りウミスズメは警戒心が強く、撮影は難しい。


早々に飛び去るウミスズメの群れ220208.jpg


次々に同種の小群が見つかる。どの群れも近づく前に飛び去り、なかなか手強い。今季初もののウミスズメの出現は嬉しいのだが、「ウミスズメがたくさん出ると、カンムリが出ない」というジンクスがあるので心配になる。

とにかく群れでいるのはウミスズメなので、ペアでいるものを探せばいいと、気持ちを切り替える。と、その時、2羽で浮かんでいる鳥が船の左手に見えた。遠いので、カンムリかどうかは確認できなかったが、船を寄せてもらう。何度も見失うが、しばらく進んだところで、やっとカンムリであることが分かる。

このペア、潜水を繰り返していたのだ。見失った原因がやっと腑に落ちた。べた凪状態だったが、よく潜るので、なかなか撮影がままならない。いつも使っているカメラを修理に出したため、本日はサブ機での撮影。光量不足でシャッタースピードが稼げないので、連写しても鳥の動きが止まらない。言い訳ばかりで申し訳ないが、船上での撮影は、なかなか骨が折れるものなのだ。

結局、あまり近づけないまま、飛ばれてしまった。その後すぐ、左舷前方に別のペアを見つける。先ほどのペアの飛んで行った方角ではあるが、随分先の方まで飛んで行ったので、このペアは別個体。あまり近づかせてはくれなかったが、初めに見つかったペアのように頻繁に潜水することはなかったが、このペアも飛び去った。


カンムリの飛び立ち220208.jpg


しばらく進んだところで、前方にウミスズメの群れらしき鳥影を見つけたので、追いかけてもらう。やはりいくらも進まないうちに、飛び立たれた。30羽近くはいたようだが、群れは2手に分かれ、遠くの海上に着水した。

添付の写真はトリミングしているので、近くで撮影したように見えるが、望遠レンズでも豆粒、いや芥子粒程度にしか写っていない。

少し早いが、八島港に入港し、食事摂ることに。防波堤にはウミネコやセグロカモメ、それにアオサギとカワウもいたが、カワウは真っ先に飛び去った。定期船の待合所には暖房が入っていて、冷え切った私たちには、極楽のようだった。

いつものお茶うけは、先日参加した鳥見ツアー時に買い求めた熊本銘菓の「陣太鼓」。6個入りを買っておいたので、自分の分もあったが、ニコニコ亭のお弁当に新香巻のおまけが付いており、お腹いっぱいになったため家でゆっくり食すことにした。

食後、早々に午後の調査に。港の防波堤にいたセグロカモメの足に黄色味があるので撮影しておく。後で確かめるとタイミルセグロカモメというタイプのカモメだと分かった。

港を出ると午前中とはうってかわって、海は波立ち、風も出てきた。そのせいもあったのか、注意深く探していたのにTさんが「そこにカンムリ!」というまで気づかなかった。目視で分かるくらいの距離で波間に見え隠れしていた。まずまずの距離感で撮影できたが、さすがに波の影響があり、なかなかピントの合った写真が撮れない。

そのうち飛ばれてしまい、慌ててシャッタを切る。ピントは甘いが何とか飛翔写真をものにした。


飛び去るカンムリ220208.jpg


そのすぐ後、研究者のTさんが右舷後方にカンムリを見つける。こちらも見落とし行き過ぎてから分かった。いずれにしても船からそう遠くない所にいたペアだったから運よく気づけたのだろう。どうしても波のある時は、見落としが生じるので、却って近くを注意して見た方が、上手くいくのかもしれない。

4組目も飛ばれたが、今度は飛び立ちの連続写真が撮れた。しばらく何も出なかったが、島沖でアビ類の小さな群れが遠くに見えたので、近づいてもらうことにした。双眼鏡でやっと見えるくらいの距離なのに、早々に飛ばれてしまった。何故か1羽だけ残っていたので、そのまま船を寄せてもらう。この個体、この日一番近づけたアビ類だった、撮影した画像を確認すると、シロエリオオハム(冬羽)の特徴である喉の黒線が写っていた。

白浜港に帰港すると港に係留してある船のクレーンにミサゴが1羽止まって周囲を窺がっていた。寒かったが何とかカンムリに出会えて、一同、満足顔で陸に上がる。




(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




前回は意味不明なあとがきを書いてしまい、反省しています。今回、早めに帰還したのは寒かったせいまありますが、船長さんが私たち参加者に「寒ボラ」をさばいて、土産に持たそうという考えがあったようです。一人(一家)に1匹(本)あて、切り身2枚をいただきました。私はいつもお世話になっている方に半身をおすそ分けし、夕食に息子と一緒に刺身でいただきました。ボラというと余り良いイメージをお持ちでない方も多いと思いますが、適度に脂ものって、とてもおいしい魚です。近々、上関の「寒ボラ」を売り出し、ブランド化したいともおっしゃっていました。「お魚パック」でも扱うそうです。皆さんも是非、お試しあれ!



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月30日

1月のカンムリウミスズメ調査報4

1月30日(日)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

個人的には今年初めてのカンムリ調査、1月初旬の調査でたくさん出ているので、おこぼれを期待したのですが、なかなか見つけることができず諦めかけた時、やっと出てくれてホッとしています。

概況を記します。


天気:曇りのち晴れ(14時頃から晴れ間が)

調査時間:9:40から14:40まで

調査結果:カンムリウミスズメ 10(午前中に目撃した飛翔個体2羽は、午後カンムリを見つけた海域へ飛んで行ったのでダブルカウントの可能性あり)

アビ類 37



この日のビッグニュースはRさんの約1年ぶりの調査への復帰。私としては心強いが、まだまだ体力が回復していないとのことなので心配。昨年、調査の後に体の変調の状態を聞かされ、即通院を勧めたのだが、結果、私の「見立て」通りで、かなりやばい状態だったようだ。その後、入院、手術、リハビリと頑張って、今日を迎えられたわけで、本当に良かったと思う。

ゲスト参加のKM夫妻も含め7名が乗り込み、久しぶりに目の多い調査となる。波はややあるが、年明けの調査の結果がよかったので、期待に胸を膨らませて出港。

先ずは、コウモリ調査のデータ回収作業をすることに。潮が高くないと着岸できないため、いつでもできる作業ではないのだ。研究者Tさんと私が上陸する。私の役目は写真撮影。データ回収にしては作業に時間がかかっている。後で聞くとケーブルが齧られていて、断線していたとのこと。その補修に時間がかかったらしい。

生息調査のため洞窟内に入る。しばらく行くとコウモリが1匹岩にぶら下がっていた。天井ではなく横壁の3分の2あたりの場所にじっとしていた。あまりに動かないので死んでいるのかとも考えたが、岩につかまっているので生きているはずだ。冬眠? 生態を知らないというのは恐ろしいものである。何枚も写真を撮った後に気づいたのだから。

以前、見られた奥の方には全くいない。Tさんがいろんな角度から接写した画像の中にキクガシラコウモリ類の特徴である「豚鼻」が写っていたらしく、体長から見てコキクガシラコウモリで間違いないと思うとのことだった。少し時間はくったが仕切り直しでカンムリ調査開始。

沖でRさんが鳥影を見つける。カモメ類とは別にアビ類らしき鳥も何羽か潜水を繰り返していた。アビ類は結構長く潜るので、次どこに浮かび上がるか分からず見失うことも多い。ウも近くにいたので、本当にアビ類だったのか自信が揺らぐ。

そのすぐ後にも、アビ類が見つかり、見間違いではなかったと確信できた。思ったより波の影響があって、見つけても波間に見え隠れするため、証拠写真が撮れない。色合いからアビではない(筆者は未だアビは見たことがないが)とは分かるが、シロエリオオハムなのかオオハムなのか同定は難しい。波間で脇腹を確認するのは無理だとしても、ピントの合った写真が撮れて、喉のところに黒っぽいラインが確認できれば、シロエリオオハムと言い切れるのだが、船上で液晶モニターを見てもよく分からない。ということで無難なアビ類という表現にしている。

沖合へ進んでいる時、遠くの海上を2羽、ウミスズメ類の特徴ある飛び方で島方面へ飛んで行くのを目撃。見たのが私だけなので、記録として挙げてもよいかどうか迷う。

沖合でもカンムリの姿はなく、月の初めにはあれけの数が見られたのに、どうしたことだろうと誰もが思ったに違いない。船が方向転換し北上を始めると風や波が強まり、体が冷えてくる。船上で配られたチョコレートを口にしても、熱量アップにはならない。それでもカンムリ探しに集中し続ける。

島周辺でアビ類が僅かに見られたものの、午前中の調査では、ハッキリカンムリと分かるものはゲットできずじまい。昼食・休憩で上陸した祝島での話題は、やはり、あれだけいたカンムリはどこへ行ったのか、だった。

各自、トイレに行ったりしたこともあってか、いつもより会話が進まない。KM夫妻が持参された「ゆきごろも」というお菓子が配られ、この時ばかりは話が弾んだ。上品なお菓子でみんなが美味しかったと。私も、包装紙に書かれた製造元を見て、淡雪で有名な下関の「松琴堂」のお菓子?と、淡雪の蘊蓄を少々。何と船長、淡雪が大の好物とのこと。1本まるまるペロリだとも。私も淡雪には目がなく、淡雪談議で暫し盛り上がった。お茶うけにと道の駅上関海峡で買ってきた栗饅頭を出すタイミングを失した。この饅頭は6個入り、参加者は8人、そのことも出しそびれた原因になっている。

午後からの調査の初めに島の南西岸にある岩礁地に回ってもらう。ウミウの群れにヒメウが混じっていないか確かめるためだ。ウミウが10羽弱いたが、ヒメウはいなかった。

その後、北方でアビ類を見つけ撮影。何とかシロエリオオハムと分かる写真が撮れた。岩場にミサゴを見つけたので、船を寄せてもらったが、早々と飛ばれてしまい、バッチリ写真は撮れなかった。

島東方の崖上に止まっている鳥を船長が見つけ船を進める。私は早々にトビだと分かったので、近くの岩礁に止まっているウ類に注目した。双眼鏡で確認するとヒメウらしき鳥がいるのが分かったので、船が近づいて飛ぶ前に押さえに何枚か撮影する。やはりヒメウが写っていた。

島を抜けると島が北風を遮るのかべた凪状態になった。遠くまで見渡せるがカンムリの姿はない。沖合まで進むとやはり波が出てくる。

沖合を進んでいる時、右舷の遠い波間に一瞬、鳥らしきものが見えたので、船をそちらに進めてもらう。自信はなかったが、しばらくするとカンムリのペアが見つかる。良かったと言っていると、すぐ近くでもう一組見つかり、二組が合流し4羽になる。


近くにいたペアと合流220130.jpg


すぐに飛んでしまったが別の2羽もTさんが見つけ、計6羽を同一海域で見つけることができた。波があって、撮影には困難を極めたが、KM夫妻は近距離で見ることができたと、とても喜んでおられた。船長も波がなければ、もっと近くまで寄せられると豪語。

しばらく進んだところで2羽の飛翔個体を見つけ、一応、確認個体が二桁となる。


カンムリウミスズメのペア220130tomari.jpg


沖合から一気に北上し、寒くなかったと言えばウソになるが、カンムリが見つかったお陰で、寒さもどこへやら気分で帰還できた。

白浜港に戻ると船の接岸場所でカワウが魚を咥えているのを見つける。カワウも驚いたのだろう、慌てて魚を飲み込み、飛び立った。


船の接近に慌てて獲物を飲み込む220130.jpg


ウ類は捕まえた魚を何回も咥え替えて、飲みやすい状態にして飲み込む。あんなに慌てて飲み込んだら、いぎ(山口の方言で小骨や棘のこと)が喉に立ったのではないかと心配してしまった。まあ、命に別状はないだろうが・・・。




(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




よくあることですが、私の参加できなかった時に、凄い数が出たり、親子連れが出たり、ヒヨドリの大群に出会ったりなどなど、その度に内心悔しい思いをしています。しかし誰しも完璧であることは難しく、できることを粛々と行うしかありません。大相撲初場所で優勝し大関に昇進することになった御嶽海が伝達式の口上で「感謝の気持ちを大切にし、自分の持ち味を生かし、相撲道に邁進してまいります」と述べたと報じられました。私も相撲道を「鳥見道」に変え、そういう心構えで今後も励みたいと思います。私の鳥見は「不要不急」かもしれませんが、カンムリ調査はどうなの? と考えたりします。私は40年以上に渡って福祉労働に携わってきました。現役時代は報われない仕事と諦めていましたが、このコロナ禍でエッセンシャルワークが見直され始めました。確かにブルシット・ジョブ(どうでもいい仕事)の方に光が当たる世の中はおかしいと思いますが、労働そのものを深く考える必要がありそうです。ワーク、ジョブ、タスク、ミッションetc、哲学的な話になりそうなので、これで置きますが、生き方の問題と繋がっているのではないでしょうか。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

1月のカンムリウミスズメ調査報3

2022/1/10 カンムリウミスズメ調査報告


l     日時 2022年1月10日

l     調査時間 A.M.9:30〜14:50

l     調査結果 カンムリウミスズメ 82羽(一部重複ありかも?)


今回は多くのカンムリを確認することが出来たので、調査範囲を大きく4分割してブロック毎の特徴と数を報告する。

@ 第一ブロック

白浜を出航して35分で2羽確認。


カンムリの冠220110.jpg


最初にカンムリを確認するとその日の調査は安心して、さあ行こうという気になる。

更に2羽確認したが、大型タンカーの影響で大きな波が!船は上下、カメラマンも上下するが、カンムリは波頭をスイスイと泳いでおり、まるでカンムリのサーフィンのようだ。

しばらく南下すると右に2羽、左に2羽と同時に声がかかる。カンムリは左にいのだが、一人が右と左を間違えたのだ。こういうことはよくある。

第一ブロックでは4羽の群れを含めて10羽確認。


A 第二ブロック

島と島を結ぶ線上で2羽確認。このカンムリ2羽は船を見て最初にこっちを向いてくれた。


カンムリ正面220110.jpg


ご挨拶かもしれないが、この仕草は珍しく、通常は横顔と後ろ姿。更に2羽確認したつもりだが見当たらない。すると突然船の目の前3mの所に出現し轢きそうになった。

そして順調に2羽、2羽を確認。

感激だったのは船の前、右、左と三方にカンムリ2羽ずつ見えた。カンムリ銀座である。

前と左を撮影している間に右の2羽の動向チェックが筆者の役割である。撮影に時間がかかったので、右の2羽はしびれを切らして飛んで行った。


カンムリ飛び立ち横220110.jpg


このブロックでは4羽の群れを含めて15組30羽を確認。


B 上記の西側半分

このブロックもカンムリを多く確認。時計を見ると12時30分を過ぎていたので、船を流しながら船上で昼食。遠くにカンムリ2羽と2羽を眺めながらの昼食で弁当がおいしかった事この上ない。

今日は絶好の調査日和で光の関係で海面が白く見えて、その中にブラックコーヒー缶が2つ並んでいれば大体がカンムリである。

このブロックでも4羽に群れを含めて15組30羽を確認。カンムリ銀座とはよく言ったものだ。


C 第一ブロックより東

島に瀬渡しの釣り人を迎えに行く時間も迫ってきたので帰路へ。

ベタ凪せ東に進路をとる。途中カンムリを見るが同じ範囲内でのダブりの可能性が強く眺めるだけにした。

島に迎えに行く途中、沖で2羽、さらに2羽確認。

島への迎えの時間を過ぎていたがなんと4羽を確認。この4羽、深く潜らないが、潜っては顔を上げてピイ、ピイとおしゃべりをする。その声はお互いを呼び合うピイーという鳴き声と違い、良くしゃべる。

まるで井戸端会議か若者が「でもさー」と会話しているようだ。その声を拾ってみると

「ねえ、ねえ、あのサングラスをした船長さん、こちらにグイグイ迫って来るね。」

「その隣のカメラの女性、一生懸命撮っているけど少しぎこちないね。」

「立ってビデオを廻している人、恰好がきっとプロね。」

「後ろの初老の男性(筆者)、あの人紳士だね。」

と言っているようだ。

第4ブロックでは12羽を確認。総数82羽と調査を始めて最大の確認数となった。

釣り人へ遅れた謝罪をしたが、沖で船が止まっているので「おるのじゃろう。」と思っていたようだ。

こちらの成果はかんばしくないようでカンムリ82羽には驚いていた。



(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。





posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド