2021年05月08日

5月のカンムリウミスズメ調査報告1

5月8日(土)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

何とかカンムリウミスズメを2羽見つけることができました。

概況を記します。


天気:曇り

調査時間:11:12から15:25まで

調査結果:カンムリウミスズメ 2  アビ類(シロエリオオハム) 3


4月17日の調査以来、沖縄ヤンバルの固有種観察ツアーへの参加や萩の見島での渡りの鳥の観察など、私的な都合で勝手をさせてもらっていたので、前回誓ったように親子連れのカンムリを見つけようと意気込んで船に乗り込む。天気は良くないものの、波は穏やかで曇っているせいか海面が白っぽくなっていてカンムリ探しにはうってつけの条件である。

しばらく進んだ頃、左舷前方に黒っぽい点にしか見えないが、海鳥らしきものが、しかも3羽、すぐに船長さんに知らせ、船を寄せてもらう。10倍の双眼鏡をもってしても点にしか見えないくらいだから、なかなか近づくことができない。カンムリの親子連れを期待したが、船が近づくにつれ、カンムリよりずいぶん大きな鳥であることが分かった。やっとアビ類だと分かり、遠目に写真を撮る。アビ類はなかなか近寄せてくれないので、早めに証拠写真を撮っておかないと後の祭りということが往々にしてあるからだ。今回は思ったより近くまで寄ることができ、シロエリオオハムであること、3羽のうち2羽は夏羽に変わり始めており、1羽は冬羽のままであることが確認できた。夏羽と冬羽が比較できる写真を撮ろうと頑張ったが、そのうち警戒したのか潜りだし、それぞれが別行動をとるようになったころ、貨物船が直進してきて、観察を諦める。

その後、大きな潮目もあったので、注意深く探したが、時折、ウミネコが飛んだり、着水している個体を見つけたりしたのみで、カンムリは見つからない。時期的にはアカエリヒレアシシギの群れも期待できるので、かなり遠くまで双眼鏡を駆使し見回した。沖合へ船を進めると、結構、波がある。鳥が波間に消えることを想定して、ゆっくり双眼鏡を移動させるよう心掛けた。

午後1時を回った頃、舳先にいた映像カメラマンの方が小さな鳥が低く飛んで行くのを見たと言う。私はまったく気づかなかった。双眼鏡を使っていると、どうしても視界が狭くなり、右を見ていれば左が、左を見ていれば右がと、見落としが増え、舳先で目視観察している人にはかなわない。おそらくカンムリだろうから、近くに着水していることを願って、懸命に探し続けたところ、しばらく走った後、右舷前方に1羽で浮かんでいるカンムリを見つける。波で船が揺れ、ファインダーの中にカンムリを捉えることができない。やっと入ったかと思うと波間に消え、ここぞとシャッターを切ってもタイムラグで写っているのは海面のみ。


波間に見え隠れするカンムリウミスズメ210508.jpg


この個体は、飛んで逃げようとするのだが、すぐ近くに着水する。既に換羽が始まっていて、うまく飛べないのかもしれない。そんな飛翔を何度か見せたので、深追いはせず、その場を離れる。


飛び去るカンムリウミスズメ210508.jpg


カメラマンの方が見た個体は飛んで行ったということなので、この飛べない個体とは別個体であった可能性があり、もう1羽近くにいるかもしれない。そんな思いを抱えながらしばらく進んでいると、船の右舷でまた1羽見つかった。


2羽目のカンムリウミスズメ210508.jpg


この個体は、先ほどの個体のように飛ぶことはなかったが、警戒心が強く、潜ってばかりいた。水面に姿を現すことが少ない上に、波があって、ピントの合った写真をとうとう撮ることができなかった。飛べない個体、よく潜る個体、もう1羽、飛べる個体が別にいるのではと探したが、この2羽以外、遅くなった昼食・休憩で八島港に入るまで、とうとう3羽目を見つけることはできなかった。

昼食を摂るころには2時を回っていたが、途中、前回調査時に配られたチョコの残りや今日配られたカステラ菓子などをほおばっていたので、空腹というほどではなかった。お茶うけには、先日、友人から土産にもらった米子の「とちの実折り餅」を配る。

風も立ってきたので、早々に出発。ミサゴの巣の状況を確認に行ったが、上空を舞っている個体が見られただけで、巣の近くには何も見られなかった。いつもの岩礁にウ類が見られたので、そちらに回ってもらう。案の定、岩場で休んでいた2羽のウはヒメウだった。カワウのように遠くの船影を見ただけで飛び立つこともなく、船がかなり近づいて、やっと飛び立った。旋回するのが分かっていたので、飛びものに強いもう1台のカメラを用意して上空を飛び回る姿を撮影する。天気が悪いので、きれいな緑色光沢は見られなかったものの、何とか飛翔写真をものにできた。

風と波が強くなってきたので、まっすぐ帰港することに。一応、帰港するまでは調査なので、集中を切らさず、鳥を探し続けた。横島で遊漁客を回収の予定だったが、お客が納竿しておらず、私たちは先に寄港することになった。その時、釣り客からタイが近くに浮いているからと声がかかり、船長がうまく見つけ掬い上げる。30〜40cmくらいの立派なタイだった。釣り落とした経緯は聞きそびれたが、回収できたのは幸いだった。このところ頭がボーとしてミスも多いので、柳井駅で覚醒効果を期待して栄養ドリンクを飲んだのが効いたのか、最後まで集中でき、よかった、よかった。タウリン2000のお陰かな。



(この調査は、パタゴニア日本支社 環境助成金 を受けて行いました)


※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。





posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

4月のカンムリウミスズメ調査報告2

4月17日(土)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

頑張って探したのですが、残念ながらカンムリウミスズメを見つけることはできませんでした。

概況を記します。


天気:曇りのち晴れ

調査時間:12:53から16:45まで

調査結果:カンムリウミスズメ 0 ウミスズメやアビ類も確認できず。


白浜には集合時間の前に着いたが、雨が止みそうにない気配で出港できるのか不安になる。11時過ぎから早昼を摂る。いつものニコニコ亭の豪華弁当に、Yさん手製のタイのあらの澄まし汁までついて話も弾む。

恒例のお茶うけは、先日、八丈島航路の海鳥観察ツアーで土産が買えず、東京駅で間に合わせに買った「皇居外苑」というきんつば。4個入りのため、自分の分はない。知らずに買ったのだが、皇居参観記念みやげとのこと。もう少し考えて買えばよかったのだが、駅構内にはこれといったものがなく、一定のクオリティーがありそうだったので、買い求めることにしたのである。虎屋の羊羹があれば絶対買っていたであろうが、一旦駅を出て、大丸辺りを探さないと無理だ。今度はそうしよう。

Yさんの話では雨が上がると風が出てきて、その後、風向きが変わり一時的に海は凪ぐとのこと。1時まで待って、判断しようということになり、待機。そのうち雨は上がりそうな気配となってきたが、強風が吹き始める。本当に大丈夫なのだろうかと思ったが、長年の経験から言われていることだろうから、下手な天気予報より当てになる。そうこうしているうちに風も少し落ちてきた。雨合羽を着こんで1時前に船に乗り込む。

港を出てからすぐは飛沫を浴びたが、その後は後ろからの波だったので、濡れることはなかった。といっても結構波があり、船は横揺れし、双眼鏡を使える状態ではないので、目視観察に。


調査風景210417.jpg


港を出てすぐ、1羽のツバメが海上を飛んで行く。あとはウミネコと思しきカモメ類が時折飛ぶだけで、海鳥の気配は全くない。遠くの岩場にウ類が何羽か休んでいるのが見えるが、種類までは分からない。

しばらく西進した後、沖合を目指したが、今度は縦揺れが激しくなる。宇和島手前で進路を東寄りに変えたものの、正面からの波に阻まれ、南下を余儀なくされる。天田島辺りまで南下すると、やっと穏やかになり、しばらく湾内で過ごす。

Tさんがスナビキソウの生息を確認するため上陸したが、ハマダイコンの群落は見られただけで、スナビキソウはなかったようだ。ハシブトガラスが浜でゴミ漁りをしていたが、船が近づくとハマダイコンの陰に隠れる。それが何とも可愛い。近くの岩場にウ類が見られ、ヒメウもいる。ウミアイサらしいカモ類も見られたようだが、私は見落とした。

その後、船は沖合へ。だいぶ波も緩やかになり、かなり沖合まで進めた。東へ進路を変えたが、先ほどまでの波が噓のようで、双眼鏡も使えるくらいに収まっている。さすが漁師さんの経験による読みは確かだ。かなり遠くまで見渡せるようになったが、一向に海鳥の気配はない。

突き出た岩場の上でミサゴがカラスとバトルを繰り返していた。近くに巣があり、防衛行動と思われる。私たちの船も近づいてきたので、気がきではないのか、鳴き声を上げ、周囲を飛び回る。そのうち番(番)相手と思われるもう一羽も加わり、警戒行動が忙しくなる。私たちも早々に引き上げ、沖へ移動。

前方の岩礁にヒメウの群れが休んでいるのが見えたので、そちらの観察に向かう。6〜7羽は確認できたが、裏側にもいたようで、10羽内外の群れだった。目の周りの裸出部(羽毛の生えていない部分)が赤みを帯び、腿の辺りの白い羽毛も目立つ繁殖羽に変わり始めた個体も交じっている。頭から上面が光線がよいと緑色の光沢になってとてもきれいに見える。


顔の裸出部が赤くなり始めているヒメウ210417.jpg


ヒメウの群れの中にいたカワウが一早く飛び立つと、ヒメウも三々五々飛び立って、岩場には一羽もいなくなった。岩場から飛び立つと一度水面に降りて助走してから飛び上がる。飛び立ちで一気に高度がかせげないのだろうか。見た目はカワウより体は軽そうなのに。ヒメウは警戒心が緩いのか、それとも岩場にこだわりがあるのか、カワウのようにすぐに遠くへは行かず、周囲を飛び回ってくれるので、飛翔写真も撮れた。


助走がいるウ類の飛び立ち210417.jpg


私は鳥好きなので、ヒメウが観察できて満足だが、カンムリ調査が本命であり、本分を忘れるわけにはいかない。ほとんど海は凪いできたので、左右、前方を繰り返し、集中を切らさず丁寧に見当たる。どう頑張っても、出ない日は出ないものだ。

朝、電車に乗る前、着てきた雨合羽を片付けている時にHさんに奄美大島ツアーの土産に買った黒糖焼酎を落として割った。さらに船上では、タバコを取り出すとき最後の1本を水切りの中に落としたり、防水のウエストバッグのチャックにポリ袋を食わしてしまい破損させてしまったり、今日は本当についてない。Hさんから疲れが溜まっているんじゃないのと言われてしまったが、まだまだ鳥見のベストシーズンは続くので、ここでブレーキするわけにはいかない。次は、子連れのカンムリを見つけてリベンジだ!



(この調査は、パタゴニア日本支社 環境助成金 を受けて行いました)


※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

4月のカンムリウミスズメ調査報告1

4月11日(日)

天気 晴・朝の間 北東の風強し。 

カンムリウミスズメ は見ることが出来ませんでした。

出現した鳥

ハヤブサ・ツバメ・ミサゴ・ヒメウ

マガン?・イソヒヨドリ

カモメ類・カワラヒワ・クロサギ


ヒメウ200411.jpg

   20年4月11日撮影のヒメウ


 広島8時出発,玖珂インターまで高速を使い、玖珂から大畠に出て柳井港へ。柳井港でMさんに送る物を平郡航路に預けると9時過ぎ。

 海が好きなので、柳井港の釣り場をあちこち丁寧に調査していると930分を過ぎてしまった、大変大変集合時間に間に合わないと、一路白浜港へ。

 10時上関白浜着。集合時間にピタリ間に合いました。すぐに出港。

 風が強い予報だったので出港できるか、港に着くまで心配していましたが、思ったほどの事はなく、出港すぐは確かに波しぶきが掛かりましたが、横島を過ぎる辺りから波しぶきも少なくなりました。

でも一度だけ波を横切った時に波がどっと船首から流れ込んできました。

 海上は割と穏やかですが、鳥も静かです、あまり居ません。

 船は途中、島へ立ち寄りました。ミサゴの営巣途中らしい姿が見えます。

2年ほど前までミサゴが営巣していましたが、昨年は営巣せず、今年は別の木に営巣するようです。

 成果なく、昼休憩に祝島へ上陸。

祝島の防波堤に行くと、クレーンの上に居たイソヒヨドリが私に喧嘩を売ってきます。

生意気な奴だ焼き鳥にするぞ!たぶん巣があるのでしょう。キビタキなら擬傷で誘うのですが、イソヒヨドリは気が強いですね。

 祝島から鼻繰島方向へ渡ろうとして中々踏ん切りのつかない、ヒヨドリの50羽ほどの群れが居ました。

 ハマダイコンがたくさん咲いています。

 13時過ぎ、広い海原にカモメの10羽、20羽の小さな集団があちこちにあり200+浮かんでいました(遠い為同定が出来ません)。

しかし他の大した収穫もなく,白浜港へ帰港しました。

                     記録 H



(この調査は、パタゴニア日本支社 環境助成金 を受けて行いました)


※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド