2022年01月08日

1月のカンムリウミスズメ調査報告1

2022/1/8カンムリウミスズメ調査報告


2022年最初のカンムリウミスズメ調査で22羽を確認でき、おめでたいスタートとなりました。

  • 調査時間 930分から1445分まで
  • 調査結果

カンムリウミスズメ22羽確認  ヒヨドリ渡り 300羽程度? ハヤブサ 2羽 カモメ類、ウ類


2022年明け調査をいつから始めるか5日の朝、天気予報を見ていると折りも折り、

船長から「新春一発、カンムリ調査、土曜日がよさそうですがどうでしょうか?」とラインが入る。

なんとタイミングの良いことか!「カメラマンさんにもスケジュールを組んでもらいましょう!」と返信。

早速、カメラマンさんにアポを取ると、急な要請にもかかわらず二つ返事でOKが来た。

いよいよ、カンムリ調査チームの始動だ!!


9:30 「じゃあ、今年初めての調査に出発しまーす!!」

船長の掛け声よろしく船出だ。「新年のご挨拶に出てきてくれんかね?」とみんなはしゃぎ気味である。

いつものコース取りで進路をとる。初春の日差しは温かく風は冷たいが、すがすがしい。海面に映る陽光の帯までが初々しく見えるのは気のせいだろうか。

島方面に南下する。この頃から思ったより波があり正面からしぶきを浴びる。慌ててライフジャケットをカッパ代わりに膝に掛ける。今日は穏やかだろうとカッパを家において来てしまったのだ。日ごろから多めの着替えを詰め込んでおくのだが、今日は油断してしまった!

冬の調査では着るものを十分すぎるほど準備しておかなければならない。船長の口癖が「暑すぎるくらい着こんでよ!寒うなり始めてから着こんでも絶対あったまらんからね!!」である。彼は冬場、真夜中にサヨリ漁に出るので、その経験を踏まえているのだ。


島東にさしかかり、これから南下するのだなと思ってみていると、船長の「カンムリおったよ!!」の声。

今年初の2羽のお目見えだ!思わず「明けましておめでとう!!」と声を掛ける。

この子たちはしきりに水面を覗き込む仕草をするのでカメラになかなか収まらない。シャッターを切る時間差で画像は覗き込んだ後ろ頭ばかりである。今日は鳥博士のHSさんが北海道に鳥見の大旅行で不在なのだ。動画はカメラマンさんがいるので安心だが、静止画は私の担当なので頭が痛い。

「さあ、今日は幸先良いよ〜!次に行くからね!」とスタートして間もなくKさんが「船のすぐ横にいるカンムリ2羽を指さす。船が近すぎたせいか、この2羽は最初からカンムリを立てて「おかんむり」で警戒モードである。


おかんむり220108.jpg


潜りを2回繰り返すとアッという間に飛び立ってしまった。

南下して10分ほどでまた2羽を確認。このペアは落ち着いた感じでゆったりと波間に漂っている。下手な私でもカメラに収めることが出来る。「この子はおりこうさんじゃのう!」と船長。「人間様の都合で評価されたんじゃ、カンムリもたまったものじゃないよね。」と笑いながらおりこうさんのカンムリたちに別れを告げる。


周回し島方面に進路をとるが北東の風が強く双眼鏡もままならない。島中間あたりでさすがの船長もこれはまずいと思ったのか、進路を変え北上する。

すると島南方に4羽のカンムリを確認。ところがこの4羽、船が近付くと左右2グループに分かれてしまった。

「どっちを先に撮る?」と船長から贅沢な打診が来る。左舷側に決めてカメラマンさんと私が撮影の間、Kさんは右舷側のカンムリの見張り役である。左舷側を撮り終えて右舷側のカンムリにカメラを向けた途端、「フン!」とでも言うようにピーと甲高い声を残して飛び去ってしまった。


「きっと、待っとったのに注目してくれんかったから、気を悪くしたに違いないね。」

と見送っているとKさんが

「ヒヨドリ!ヒヨドリ!!」と大声で叫ぶ。

見ると左舷側をヒヨドリの一団がすごい勢いで沖合に飛び去って行く。

ヒヨドリの渡りに初めて遭遇するカメラマンさんはわけがわからず

「今の何?」と言っている。

島方面に向かい、海面すれすれに動く塊を指さすと

「スゲー!!動く島みたいじゃん」と感嘆の声を上げる。

と目の良い船長が「ハヤブサじゃ!追いかけよる!」

と叫ぶ。

見れば2羽のハヤブサがヒヨドリの群れに何度も執拗に突撃を繰りかえしている。


ひよ2.220108.2itabasi.jpg


私もハヤブサの突撃は何度か目にしたが、こんなに執拗なのは初めてだ。

きっと、お腹が空いているのだろう。

「よし、全速力で追っかけてみよう!」と船長。

船は風を切りぐんぐんヒヨドリの群れに接近する。

2羽のハヤブサはひらりひらり上空を旋回したかと思うと群れ目掛けてすごいスピードで急降下する。

前になり、横になり群れを分解させるかのように追いかける。

と「あっ!ヒヨが落ちた!!」船長が指さす。

見ると海面にヒヨドリが1羽浮かんでいる。

「カメラマンさん、撮れ!撮れ!!」と船長が叫ぶ。

次の瞬間、目にも留まらぬ速さで急降下したハヤブサがヒヨドリを両足でむんずとつかんで島方面にスイーっと飛び去って行く。


ひよ220108itabasi.jpg


鷲つ゛かみとはまさにこのことである。一瞬の出来事だった。

眼前で繰り広げられた自然界の厳しいバトルに興奮冷めやらぬ中、船長が一言

「ハヤブサも飯にありつけたし、犠牲になった1羽のおかげで300羽が助かったんじゃから、良かったんよ。」

と優しい言葉でフォローする。

次はカメラマンさんの撮影の成否である。

「うーん、ピントが合ってればいいんだけど?」

その答えは動画から取り出してもらったブログにアップした写真で証明されている。


祝島で昼食休憩を摂ろうと船を南下させる間にさらに4ペアを確認できた。

祝島の東側の波止ではウミネコ類の行列の歓迎を受ける。その中に今日はウが交じっている。

「雑居ビルだね。」とカメラマンさんが言えば

「白黒でピアノの鍵盤みたいじゃ。」と船長。

人によって感想が違うのが面白い。

お弁当を広げていると目の前でウが行ったり来たりしている。

「今、魚を獲ったよ!望遠で撮って!!」と船長。

船長のお達しに慌ててファインダーを覗く。

何とか2枚採餌シーンを収めたが、逆光なのが残念である。

獲った魚はホゴメバルであろうという判定になった。


昼食後は北東の風を避けて船を進める。

島を周回しようとしたところで

「ハイ!また、いましたよ〜」と船長。

午前中で20羽も確認しているので、その声も余裕である。

周回して再び南下するが、風は収まらず、ブイまで南下することにする。

その後は波に遮られ、確認出来なかったが、トータル22羽確認できた。

沢山のカンムリに出会えた日は帰りの船足も心なしか軽く感じる。

風も収まり、瀬戸内特有の鏡のような海面を船は滑る。

島並みの上に浮かぶ雲が水面に幾重にも映って美しい。


最後に島で磯釣りをしておられる遊漁メンバーをお迎えに向かう。

この方たちは良く調査の最後にお迎えに行くメンバーで船長曰く「釣りさんチーム」である。

対する私たちは「鳥さんチーム」なのである。

船上での会話はいつも「今日は、どうじゃった?」から始まる。

この釣りさんチーム、なかなか釣果が上がらず、9割は釣れなかった残念談である。

「今日は向こうも大漁だといいね!」と私が言えば

「どんな言い訳が待っとることやら?」と無慈悲な船長。

ところが、今日は3人のうち、お一人が大物釣りに成功されたのだ!

笑みで満面相好を崩して乗り込んで来られた。

見れば、タイにグレ、チヌとサイズの大きいものがアイスボックスに所狭しと詰め込んである。

別のお一人もまあまあだったようで

「小さいのをお土産にあげるよ!」と言ってくださった。

すると「大丈夫!大漁の○○さんのが欲しいってよ!!」と私は言ってもいないのに?!切り返す船長。

言われた○○さんは、一瞬「間」を置いて「いいよ!」

その微妙な「間」に一同、同情の笑いが巻き起こる。

結局、○○さんは貴重な獲物からグレと鯛を恵んで下さった。

お礼に今日の釣果の記念写真を掲載しておこう。(個人情報保護の観点から修正させていただいています。)


とにかく、新年初の調査は素晴らしい出会いで終わった。

明日はTさんとSさんが参加予定で賑やかである。

明日も良い出会いがあるよう、お見えになるお二人のためにカンムリたちにお願いしておこう。

なお、○○さんと船長のおかげで夕食はグレと鯛、ボラのお刺身にサヨリのフライという贅沢な食卓になりました。



(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月24日

12月のカンムリウミスズメ調査報告4

12月24日(金)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

今季の12月の調査ではカンムリを見つけることができていないので、祈るような気持ちで探し回り、何とか2組のペアを見つけることができました。クリスマスイブを前に早めのプレゼントをもらい、一同、大喜びした次第です。おそらく、この調査が今年最後の調査となるでしょうから、万事、目出度しめでたしというところです。


天気:晴れ後くもり

調査時間:10:35から15:05まで

調査結果:カンムリウミスズメ 4



待ち合わせ場所の柳井駅で研究者のTさんと送迎の車を待っていると、Mさんから「上関お魚パック」の作業が長引いていて送迎が遅れると連絡が入ったので、私の判断でバス利用に切り替えることにした。これまでもバスを利用して上関まで行くことがあった経験から、接続の良い便があったはずだと駅前のバス停んで発車時刻を調べていると、すぐバスがやってきた。とりあえずバスに乗車し、Mさんに電話を入れる。Mさんが出ないのでKさんにかける。そのうち一緒に作業中のMさんの了解も得られた。ダメと言われても既にバスは動き出しており、成り行きに任せるしかなかったが・・・。結果的にはこの判断が功を奏し、予定より早めに調査に出発することができたのである。


船が白浜の港を出てすぐのところで、船長がスナメリを見つける。目と鼻の先にスナメリが浮上する機会はそうそうないので、カメラを構え撮影。自分ではではしっかり浮かんだ瞬間にシャッターを切ったはずなのだが、カメラのタイムラグで撮影した画像にはスナメリの姿は写っていなかった。よくあることとはいえ、その後、スナメリは浮上することはなく、撮り替えも効かなかった。スナメリは、ほぼ2度目の浮上で撮影できないと3度目はないという覚悟がないとものにできない。今回は3度も出てくれたのに情けない。


出港後しばらくはさざ波程度の波であったが、進むにつれ波も出てきた。幸い後ろからの波なので飛沫を被ることはないが、カンムリ探しには難儀する。島の手前で沖合へ南進し始めてすぐ、船長が右舷前方に2羽のカンムリを見つける。


カンムリの撮影に難儀する211224.jpg


波間に見え隠れするカンムリをファインダーで捉えるのに苦労する。何とか捉えてシャッターを切っても、タイムラグのせいで、写っているのは頭だけだったり、ひどい時は海面だけということもある。

波頭にピントを持っていかれることもあって、切ったシャッターの数に比べ、使えそうな写真が何と少ないことか。このペア、一度も船を寄せることができないまま、飛んで行ってしまった。

とはいえ、この12月、まだ1羽も見つけることができていなかったので、みんなホッとしたというのが正直なところである。その後は、正面から波を受けながら、八島港まで次なる出会いを期待して周囲に目を凝らした。

上陸した八島での昼食は、明るい気持ちで箸も進む。午前中に結果が出たので、「今日は早めに切り上げて帰るか」と軽口が出るほどだった。待合室には定期船の船長さんもおられ、お茶うけは数の関係で、船に乗り込んでから配った。先日、下関市菊川の道の駅で買い求めた「おそいぞ武蔵」という「巌流焼」の姉妹品である。因みに「巌流焼」はうずら豆を使った白あんで、「おそいぞ武蔵」は小豆の粒あん仕立てのいわゆるどら焼き様の商品。

午後の調査に出発する頃には、予報通り、曇り空になってきた。島を離れると波も出てきて船も揺れる。しばらく進んだ辺りで、Tさんが右舷に2羽でいるカンムリを見つける。


二度目に出会ったカンムリのペア211224.jpg


飛び去るカンムリのペア211224.jpg


前方を注意深く見ていたはずだが、船のすぐ近くに来るまで気づかないのは、やはり波のせいなのだろう。午前中に見つけたペア同様、波間に見え隠れする上に、天気が曇ってきていて、光量不足は否めない。撮影コンディションは最悪だったが、午前中のペアよりは幾分近づけたので、何枚かは使えそうな写真も撮れた。といってもピントがあったものは水中も覗いているシーンがほとんどだった。


前回はウミネコ、オンパレードだったが、この日は着水個体には全く出会わなかった。上空を通り過ぎる個体を時折見かけたのと、ウとともに島近くの岩礁で休んでいる群れを見かけただけである。本当にその日、その日で鳥の様子が変わる。隣にTさんが座っていたせいかどうか分からないが、前回のようにおかしな鼻歌が出るようなこともなく、調査終了となる。





(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。





何とか今年最後の調査を終えて、ホッとしています。この一年、事故もなく調査を終えられたのは、ひとえに船を出していただいた地元の漁師さんのおかげと感謝しています。いつまで続けられるか分かりませんが、来年もよろしくお願いします。みなさん、佳いお年をお迎えください。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月22日

12月のカンムリウミスズメ調査報告3

12月22

カンムリウミスズメ調査報告


天気予報では久しぶりの凪だったので、前回リベンジをと「自称精鋭メンバー?」で調査に臨みましたが、残念ながらカンムリウミスズメを確認することは出来ませんでした。

 調査時間 910分から1432分まで

 調査結果 カンムリウミスズメ確認できず。 ウミネコ 30羽程度  ヒヨドリ渡り 200羽程度?


前回調査から荒天続きで漁師さんがまともに海に出れない日々が続いていた。3日前から天気予報とにらめっこして、今日ならとスケジュール調整に入る。船長からもO.K.の返事が来る。

早速、鳥博士のTさんとYさんに連絡を取るが、都合で参加できないとSMSで返事が来た。Yさんは見島に行くらしい。きっとYさんも天気予報と相談して「このチャンス!」と決断されたのだろう。

「調査は一に天気、二に天気。三・四がなくて五に天気!!」とは前代のカンムリ調査船長がよく言ってらしたが、まさにそうである。残念だがこのワンチャンスに賭けたYさんの見島での健闘を願うしかない。船長に「調査実施します!自称精鋭メンバー?です!!」とカラ元気?のラインを送る。


今日は地元メンバーなので出航は9:10と早めのスタートだ。船長も15:00過ぎには息子さんが底引き漁から帰り、荷揚げを手伝うので、そのほうが都合がいいのである。このところの寒気が和らぎ、気温も高めなせいか、海上はうっすらと靄がかって島々の影を遠くに感じる。朝陽の逆光にキラキラ輝く海面は幻想的だ。


調査風景211222.jpg


沖から南下し始めると思ったより風と波があり、船側から波しぶきが入る。「自称精鋭?」なので頑張らねばと双眼鏡を握り締めるが、視野には波の上下運動ばかりしか入って来ない。

こんな時は一瞬波間に浮かぶ個体を見つけねばならぬので至難の業である。しかし、調査で唯一私の特技と言えば「船酔いをしないこと。そして四六時中双眼鏡を覗けること。」くらいなので、肩こりと格闘しながらも任務?を全うすることにする。


何とかブイ付近まで南下するが、沖合を東に進路は取れず北上する。こちらの方が波が穏やかで遊漁船らしい船影も何隻か見える。

と、その時だ。「なんじゃ?あれは?!」

船長が右前方を指さす。

黒々とした影の塊が海面すれすれを移動している!

ヒヨドリだ!きっと田ノ浦あたりから祝島目掛けて飛び出して来たのだろう。


20211222ヒヨドリ渡りno.1.JPG


時には団子状に時には平べったくその塊が姿を変えながら凄いスピードで祝島目掛けて海上を進んで行く。

それも「ピーヨ!ピーヨ!」と甲高い声で鳴きながら我先にと羽ばたいていく。

私にはそれが「早ーく!早ーく!」と叫んでいるように聞こえた。

それもそのはず、目と鼻の先には彼らの天敵であるハヤブサが陣取っているのだ。

まさにヒヨドリにとっては命がけの渡りなのである。

「ハヤブサはおらんか?」

このバトルをよく知っている船長が上を見上げるが、今日はハヤブサ君はどこかにお出かけらしい。

以前も田ノ浦湾でヒヨドリに突っ込むハヤブサの姿を目にしたことがある。

原発予定地視察に来た団体の女性陣10数名を案内していた時のことだ。

彼女らは一斉に黄色い歓声を張り上げて

「ヒヨドリ君、逃げてー!逃げてー!!」と叫んだ。

それに臆したのか、ハヤブサは急降下をやめUターンして帰っていった。

「良かったー!」

と一安堵する女性陣。

誰も「ハヤブサ君、食いはぐれて可哀そうに!」

という人はいなかった。

判官びいきというか、私もつい小さいヒヨドリが可哀そうで応援したくなるのだが、自然界の厳しい生存競争の中ではハヤブサの行為も必然である。ただ、彼らは無為な狩りはしないだろう。

飽食文化に踊らされ、無為な殺生を繰り返す人間動物こそが最も残酷な生き物だと思う。


ヒヨドリ騒ぎが収まり、11月に群れを確認した島間をくまなく探すが、カンムリらしい姿はなく、周回して沖まで南下したところで時間節約のため、船上での昼食タイムにする。

今日は息子さんの底引き談議に花が咲いた。2〜3日前、沖合でクジラを見かけてそうだ。今日も漁に出ているので、もし見かけたらラインが入って私たちも現場に急行する手はずになっているとのこと。残念ながら、ラインは入って来ないので今日はまだ会えていないようだ。


午後は風と波を避け、島間を東進する。

ちょうど中間あたりでウミネコの群れを見かける。ヒヨドリ以外に撮影対象となる海鳥が少なく、船長に頼んで船を寄せてもらうが、結構うねりがあり、船が傾いた写真になってしまった。


20211222ウミネコ群れ.JPG


もう一度、チャレンジと周回して船を進めるが、風と波は一向に収まる気配がなく、ブイ手前で引き返し、白浜港に帰着した。


漁師言葉に「魚を追わえるな。」というのがある。

海の天候は急激に変わる。調子に乗って魚を追い天候判断を誤ったら、命取りになる。「今日はこれ以上、カンムリを追わえるな!」という判断を船長は下したのだ。

そういえば、夏のある日、上空はカンカン照りなのに佐田岬方面に雲がかかるのを船長さんが察知して帰途に就いた。

真っ黒い雲の塊と鋭い光の帯が驚く早さでどんどん迫ってくる。追いかけられるようにして、港に入った瞬間、稲光と共にバラバラと大粒の雨が降ってきた。漁師さんの勘一発で救われたのである。

また、一方で「日和を囲うな!」というのもある。天候条件の良い時は迷わず海に出ろ!同じチャンスがまたあると思うな!」ということらしい。今日は凪いでも明日凪ぐという保証はない。「また明日〜」などと言っていたら漁は出来ない。

天気予報だと明後日は海況が穏やかなようだ。産直である「上関お魚おまかせパック」の発送日である。朝3:30から起き出しての仕事である。そのあとの調査は正直、しんどい。しかし、ここは「日和を囲うな!」の教えを守り、今年最後のチャレンジに賭けてみよう!!





(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。





posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド