2021年12月11日

12月のカンムリウミスズメ調査報告2

12月11日(土)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

12月に入っての1回目の調査では出なかったので、やっと凪いだこの日に賭け、頑張って探しましたが、カンムリを見つけることはできませんでした。


天気:晴れ

調査時間:10:10から15:00まで

調査結果:カンムリウミスズメ 0



この日は、「原発に反対する上関町民の会」の会合があり迎えの車が出せないとのことだったので、柳井港から定期船で室津まで行くことになった。

JRのダイヤ改定(改正ではない!)で、一列車遅い便が減便(徳山駅止)になったたため、いつもの列車で柳井港駅へ着いた。これまで運行されていた一便後の列車で行くと出港ギリギリに着くため、駅からは小走りで柳井港ターミナルまで行かなければならなかったが、今回は、出港時間まで随分余裕があった。

定期船いわいへの乗船は久しぶりだったし、今回は気持ちに余裕があったので、桟橋でタバコを吸ったり、周辺の景色を見たり、朝からの慌ただしさからやっと解放された気分だった。

定期船いわいは、尾道の造船会社で製造され、2017年に進水した船だということも分かった。航海中、何が出現するか分からないので、カメラをバッグから取り出し、後部のデッキに陣取った。

結局、ウミネコを2羽見ただけであったが、柳井の火力発電所や大島大橋、柳井市阿月で建設が進められているメガソーラー施設の造成工事の現場を海上から撮影できた。このメガソーラーは瀬戸内海沿岸では最大規模の5万キロワットの施設で、2023年4月稼働予定とのこと。いくらクリーンエネルギーとはいえ、これほどの環境改変(破壊)はどうかと思うほどの規模である。陸路で見るより、海上から全体像を見るとよけいにその思いが強くなった。


柳井メガソーラー造成工事211211.jpg


以前紹介した大津沖のタイル張りの灯台も定期船が真横を通過したのでパチリ、白浜の家並もパチリとやっているうちに、船は室津港に到着。Tさんが出迎えに来てくれていた。

白浜港に着くとすぐに調査道具を準備、船に乗り込む。海は穏やかそうなので、雨合羽は着ずに、着てきた服の上に救命胴衣を着こんだだけという出で立ち。といっても着てきた服自体、米軍の寒冷地仕様の中綿入りの上下、中には同じく米軍の厚手のフリースと抜かりはない。特に米軍が好きなわけではないが、軍用品は民生品に比べ、防寒性や耐久性に優れており、調査には必須のアイテムだ。私にとっては、だが。

TさんもMさんもボンベタイプのライフジャケットなので、とてもスマート、それにひきかえ、私は傍目にはどう映っているのか・・・。海の上なので、見ている人もいないし、まあ、いいか。


出発時、船長から、「今日は通常コースで」とあったので、特に海況に問題はなさそうだ。確かに穏やかな海で、波は立っていないし、うねりで多少船が上下するものの、視界は良い。

しかし、走っても走っても、何もいない海。連想ゲームではないが、「♪誰もいない海、二人の愛を確かめたくて〜」の曲が鼻歌で出る。鼻歌なので歌詞は頭の中を流れるのだが、私の青春時代の歌なので、1番の歌詞だけは終いまで出てくる。

この歌は、南沙織のデビュー曲「17歳」だ。1971年のヒット曲。作曲は筒美京平、作詞は有馬三恵子。二人とも先年亡くなっているが、一時代を画したヒットメーカーだ。有馬三恵子さんは、調べてみると何と私と同じ防府市の出身で、大学まで一緒だった。今まで知らなかったが、何と奇遇なこともあるものである。何回も繰り返し、歌詞をなどると「♪早く、つかまえに来て、好きなんだもの〜」というくだりもあって、こじつけかもしれないが、カンムリに呼ばれているような気持になった。歌詞の意味が違うと有馬さんに叱られそうだが・・・。

そうこうしているうちに、島近海でウミネコの群れを見つける。延べで100羽以上はいたようだ。ここで何もいない海は終了。

今度は、「♪かもめの水兵さん、ならんだ水兵さん、白い帽子、白いシャツ、白い服、波にチャップ チャップうかんでる」と鼻歌も変更に。それからもセグロカモメが1、2羽いたが、見られるのはウミネコばかりで、カンムリを歌のように「つかまえる」ことができない。

11月に多数見られた海域も回るが、1羽も見られない。

祝島に入港時もやはりウミネコに出迎えられた。ウミネコに交じって繁殖羽に変わりつつあるカワウがいたので撮影する。ウというと黒い鳥というイメージしかない方も多いと思うが、添付した写真のように繁殖期になるととても綺麗な羽衣になり、顔には婚姻色が出て、得も言われぬ美しさとなる。


繫殖羽へ換羽中のカワウ211211.jpg


昼食時、今回もニコニコ亭の弁当が話題となる。この日は何時ものお茶うけの用意がなく、話題提供できなかった。ここ数日、どこにも出かけていないし、柳井港のターミナルにも店はなく仕方ない。

昼食後、急いで防波堤で休む鳥たちの写真を撮り、すぐに乗船、午後からの調査となる。祝島の南岸の岩礁にウがいたので撮影する。後で確認するとヒメウが2羽、写り込んでいた。後のウは、ウミウなのかカワウなのか分からなかった。

島付近でもウミネコの群れが見られた。ナブラが立っている中にウミネコの群れがいたのだが、獲物が獲れているふうではなかった。たまたま写したウミネコの画像の中に海中から顔を出した魚が写っていた。拡大すると顔に丸みがあり、シイラのように見える。


シイラ(マンサク)?(左下海面に顔を出している魚)211211.jpg


このサイズでは、さすがのウミネコも丸飲みとはいかないだろう。そのうち、食後すぐの調査からか、ニコニコ亭の差し入れのかっぱ巻きが堪えたのか、あくびが出始める。朝、家を出てから6時間以上経過しており、疲れもあるだろう。気合を入れ直してカンムリを探す。時折見られるのは、やはりウミネコ。

前回は、ボラだったそうだが、今回はウミネコデーのようだ。横島で船長のお客さんを回収して帰港。釣り人の釣果は40cm級のクロと、我々の調査結果とは大違い。調査道具を仕舞った後だったので、写真は撮れなかったが、船長が褒めるだけのことはあるクロだった。



(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




報告文の中に何回ウミネコと書いたでしょうか。今回、これまでの調査の中で一番多くのウミネコを見ました。後、今月、もう一回は調査もあるでしょう。調査メンバーの平均年齢が70歳になるのも、時間の問題です。大荷物を下げて、駅の階段を上り下りするのが、だんだんしんどくなっています。Tさんのように毎日、10キロを走り込むような体力もありませんし、酒にタバコ、健康を害する習慣もやめられません。今朝の朝日新聞の朝刊の「天声人語」に、「〈知之者不如好之者、好之者不如楽之者〉。これを知る者はこれを好む者にしかず、これを好む者はこれを楽しむ者にしかず。論語にある言葉だ。何か一つ好きなものを楽しみ、究める。真に打ち込めるもの持てば人生はどこまでも輝く」とありました。私の鳥の探求が、これに当たるかどうか分かりませんが、輝ける人生が送れることを望みます。


posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント
タグクラウド