2021年10月05日

10月5日 田ノ浦座り込み抗議行動報告 4日目

10/5 田ノ浦座り込み抗議行動報告


昨夜、今日のボーリング調査準備作業開始は10:00からと連絡が入ったので10:00に浜に下りる。


中電側はいつもの3隻に加えもう1隻増えている。双眼鏡で確認すると中電の作業着ではないライフジャケットを着た人影が見える。

どうやらダイバーを待機させているらしい。

かなり沖合いに黒っぽい船がこちらを向いているので釣り船だろうと念のため望遠カメラのシャッターを切る。

拡大画面を見ると何と海上保安庁のタグボートではないか!


海保タグボート211005.jpg


「タグボートなんか出動させるなんてキナ臭いね!そんな状況でも無いのに」と話していると、祝島と田ノ浦中間地点辺りに西から真っ白い船が現れる。

一目で海保の巡視艇とわかる。船名から徳山海上保安部所属の巡視艇であることがわかる。


海保巡視艇211005.jpg


時を同じくして背後の山の尾根伝いにバリバリと大音響で低空飛行のヘリコプターが現れた。

「マスコミかね?絶対、ここ狙いよね!」とカメラを向けた。

拡大すると、何と機体真ん中に日の丸と「JAPAN COAST GUARD」の文字、尾翼には「海上保安庁」とある。


海保ヘリ211005.jpg


何のために、どこから要請があって出動しているのか?中電が要請したのか?それなら、言動不一致も甚だしい。


今回のボーリング調査着手にあたり、中電は「祝島の皆さんのご理解を得ずに強行することは致しません。現場に船が1隻たりともいる場合は強行しません。」とマスコミの前で堂々と言ってのけたではないか!!


ヘリコプターは田ノ浦上空を2周すると西側尾根に消えた。タグボートは10:40頃に引き上げた。

海保まで呼んだということは、今日はかなり強硬姿勢で来る気かなと見ていると、指令船が祝島船団の真ん中に入り込み、すぐ後ろにダイバー船が付いて来た。

祝島の船が指令船とダイバー船の間に位置を取ったのでダイバー船もそれ以上近付くことはなかった。


同じようなやり取りが12:00過ぎまで続き、海上も陸上も昼食休憩となった。

13:00頃、指令船が祝島船団に接近したので、午後の作業再開だなと見ていると、祝島の船がこちらに近寄って来る。

今日の作業は終了と通告してきたそうだ。

明日も作業をするかもしれないと含みのある言い回しもしたと言う。


夕方、祝島の方から明日の準備作業は中止との連絡が入った。

海面占用許可は明日で自動的に期限切れとなる。

また、いつ再申請をして来るかわからない。

私たちの闘いはまだまだ続く。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 会からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント
タグクラウド