2021年07月16日

田ノ浦座り込み報告 12日目

7月16日(金曜日)


今日はいつもより早く9:00より作業開始である。

ショートムービー撮影中の大学生2人も同行だ。

中電の船3隻の前で祝島の漁船10隻ほどが釣りをし、説得船がいつも通り1隻ずつ廻っている。

これまでと違うのは司令船が何度か祝島船団に近付いていることだ。

まさか強行突破を狙っている?と双眼鏡を凝らすが、どうもそんな雰囲気ではないようで安堵する。

大学生たちが私のインタビューを撮りたいというので「どこで?」と聞くと「美登里さんの一番好きな場所で」と言われ、即座に「ここよ!」という言葉が口を突いて出た。

思えばどんなにこの田ノ浦の命のささやきに勇気付けられてきたことか!

彼らと話しながら東側の浜伝いを歩く。

「この付近一帯は埋立工事施行区域です。危険ですから立ち入らないでください。」という中国電力の看板が訪れる者を威嚇するように立っている。


中電看板210716.JPG


2011年のフクシマ以降、埋立工事は進んでおらず、中電は仮桟橋を除いて海岸の占用許可を取っていない。だから海岸は公共物であり誰が入っても良いはずなのだ。


湾の東端に通称「ダイノコシ」という小島がある。

この小島は当初の計画では削られて平地になる予定であった。


ダイノコシ210716.JPG


ところが、1999年に環境アセスメントの準備書が公開された際に植物の研究者たちが「ここのビャクシン群落は自生地として貴重なものである!」と指摘し、計画に異議を挟んだ

すると、中国電力はダイノコシを削らず、周りに水路を巡らす計画に変更した。果たして小島を残すだけでビャクシンは生き残れるのか?

カンムリ調査で島々を巡るが、ビャクシン群落があるところは限られている。

それだけ独特な環境にしか適応できないことを表している。

いかにも場当たり的なお粗末な保全措置というしかないと思う。


13:00に中電から祝島へ「今日の作業は打ち切り。当面の間、調査は見合わせる。」と通告があったと連絡が入った。

何が理由なのか?一体、どのくらいの期間なのか?きつねに包まれたような気持で坂道を上る。

ともかく、祝島の方たちを中心とする現場での行動やいろんな形での世論の後押しが功を奏したのだと思う。

みんなで勝ち取ったボーリング調査の一時延期である。

「ひとまずはお疲れ様!」とでも言うようにノシランの花が涼しげに咲いていた。


ヤブラン210716.jpg




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 会からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント
タグクラウド