2021年06月05日

6月のカンムリウミスズメ調査報告1

カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

連日の調査で、少々疲れましたが、両日とも海況もよく、カンムリウミスズメも出てくれて、頑張ったかいがありました。

概況を記します。


6月5日(土)

天気:曇り

調査時間:12:33から15:25まで

調査結果:カンムリウミスズメ 5  アビ類(シロエリオオハム?) 1


白浜出港が11時半ということだったので、いつもよりは朝がゆっくりできた。白浜港に早めに着いたが、午前中の作業が長引いているようで、港で時間を潰す。港の外れの方に船が見えたのでカメラで確認したところ、船長やいつものメンバーの姿があったが、何の作業をしているのか分からなかった。

港で時間を潰している時に撮影したカワウの捕まえた魚の種類をUさんに確認してもらうと、頭がないので判りづらいと。そういえば何枚か写したものを見てみると頭がない。Uさんの話では、エイに食われた魚を捨てものを咥えてきたのではないかとのこと。船長はチヌではないかと言っていたが、Uさんはメジナではないかと思うと後で言っていた。

出発が遅れたので、先に弁当を食べてすぐに出港となる。私が船上での食事に弱いことを配慮してくれたようだ。天気は曇っているが、波もなく、海全体が白っぽいので海鳥探しには絶好のコンディションである。潮目にゴミが浮かんだ海域では、注意深く探したが、見つからない。

出港後30分くらい経った頃、ちょうど沖合へ進みかけた時に、左舷前方にやや大きめの鳥を見つける。アビ類だと分かり、船を近づけていると、反対側に船長が2羽のカンムリを見つけた。アビ類の確認に船を寄せたのが功を奏したのである。アビ類はもう見向きもされず、かわいそうにと船長が言っていたので、私は一枚追加でアビ類の写真を撮影した。


換羽状況の異なる2羽210605-2.jpg


この2羽は、換羽の進行状況が個体間でかなり違っており、撮影した写真を見ると羽衣だけでなく、風切り羽の形状にも著しい違いがある。詳しいことは専門家に見てもらわないと何とも言えないが、飛べないほどの羽根の脱落があるように見える。


換羽状況の異なる2羽210605.jpg


その後すぐ、3羽でいるカンムリが見つかったので、どういう組み合わせなのか、幼鳥を含む家族群か、それとも換羽中の成鳥のグループなのか、個体ごとの撮影もしてみたが、幼鳥に関する知見そのものが少ないことに加え、換羽そのものがスペクトラムというか、進行具合でさまざまな羽衣変化があって、決め手に欠ける。しかし、多くのデータを蓄積していくことで、今後、分かってくることもあるのではないだろうか。幸い、上関海域は周年生息という強みがある。他所では集められないデータもここでは可能だ。今は下手な鉄砲でも数打つことが、いつかは役に立つと思っているが、カンムリへの負荷も考えながら進める必要がある


5日に見つけたカンムリ3羽210605.jpg


その後もカンムリを探したが、他の海域では出会うことはなかった。航行中、スナメリを見つけたが、シャッターのタイミングが合わず、上手く撮れず。アマツバメの繁殖確認にTさんが上陸したが、卵は前回から1個増えて、2個を親鳥が抱卵中であったとのこと。かわいそうなので写真も撮らず、すぐ離れて帰ってきたと。島ではミサゴが飛び、ウミネコも見られたが、アマツバメは1羽しか飛んでおらず、今年は群飛を見るのは無理なような気がする。短時間の調査ではあったが、カンムリを確認でき、一同、満足して帰還した。

翌日も調査に出るとは聞いていたが、マルゴトに宿泊ということ以外は何も分からない。夕食はシーパラダイスでするらしい。調査後は、ゆっくりできるのかと思いきや、夕食づくりの一員に狩り出される。日常的に食事は基本毎日作っているが、息子と私の二人分で、大人数の料理など勝手が違うので、私などが役に立つわけがない。私の最初のミッションは、唐揚げにするカサゴの水気をキッチンペーパーで拭き取ること。作業自体は簡単であるが、量が量で何と18匹も処理しなければならない。その次は唐揚げ粉がなかったので、小麦粉に塩コショーを適量混ぜたものを魚にまぶす作業。下処理とか下準備というより作業という表現が馴染む。私は余り魚料理はしない上に、揚げ物ときている、適任ではないので、誰かがするのだろうと勝手に思っていたが、これも私の作業となる。中火程度でしっかり揚げ、キッチンペーパを敷いたトレーに揚がった端から載せていく。揚げると普通ものが小さくなるものであるが、カサゴは大きく口を開け、ヒレも広がって、トレーに載りきらないほどに。船長が火を強火にしてくれ、2度揚げ開始。粉をまぶした魚を置いていた空きトレーにキッチンペーパーを敷き直し、2度揚げしたものを載せていく。強火のせいか、すぐにキツネ色になっていくので、作業はすぐに終わった。

その頃には、他のミッションもほとんど完成し、屋外に用意された机の上に並べられていく。因みにその夜の料理を紹介すると、刺身は、メジナにウマヅラハギとタコ、煮魚はメバル、唐揚げは先ほどのカサゴ、ご飯はサザエとタコの入った釜飯、それにセトガイやサザエの臓物とウマヅラハギの白子の甘煮がついた。若者用ということで焼き肉も炭火が起こされ用意されていた。船長の話では漁師は案外、肉が好きで、バーベキューになったら魚を食べるものはいないと。その日の夕食は10人。翌日は遊漁客があるとのことで、最後はみんなで後片付け。宿泊場所のマルゴトでは、私にはドミトリーがあてがわれていた。私は閉所恐怖症ではないが、開放的ではない寝所であったので、あれでも粗相がないとはいえない。本当に深酒をしなくてよかったと思った次第である。



(この調査は、パタゴニア日本支社 環境助成金 を受けて行いました)


※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント
タグクラウド