2020年09月30日

9月のカンムリウミスズメ調査報告3

9月30日(水)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

またしても、カンムリウミスズメを見つけることはできませんでした。次回調査は三日後の10月3日(土)とのこと、頑張ります。

概況を記します。


天気:曇りのち晴れ

調査時間:9:30から15:05まで

調査結果:カンムリウミスズメ 0


出港後、やや後ろからではあるが横からの波が結構きつく、すぐに飛沫で着衣が濡れてしまった。出港前に次回調査の打ち合わせやなにやらで、雨合羽を着るのをすっかり忘れ、後の祭り。自分の準備の悪さに嫌気がさす。それでもこれ以上濡れたくないので、船上で濡れた着衣の上から雨合羽を着る。

そのうち八島の島陰に入った頃から波は収まり、その頃から双眼鏡も使えるようにはなったが、一向に鳥影はない。

その後、進路を西向きにとったので、波は後ろからで、飛沫で濡れることはなく、今度は少し暑いくらいだ。沖合から進むと、油を張ったようなべた凪に変わる。遠方まで見渡せるので、カンムリの出現を期待したが、ウミネコを何羽か見かけただけであった。

潮が早く波立っていることが多いが、いつもと様相が全く違い、陸の人間には予想できない現象に驚かされる。少しずつ波は収まってきているようで、時折、飛沫を浴びる程度になってきた。

昼食・休憩のため上陸予定の八島が近づいた頃、船の左前方に鳥の群れを見つける。


ヒドリガモほか2_200930.jpg


形状からカモのようだが、光線の加減で種の特定ができない。船を近づけようとした矢先、飛び立たれてしまう。


ヒドリガモほか1_200930.jpg


翼の模様からヒドリガモの群れと確信する。


ヒドリガモ200930.jpg


25、6羽はいたようだ。後で撮影した写真を精査したところ、2羽小ぶりなカモが混ざっていたことが分かった。どうもその2羽はコガモと思われたが、この時期のカモ類はエクリプス羽といって、オスもメスのような羽衣で、きれいな繁殖羽ではないので、識別が難しい。

八島では町道の地滑り箇所を視察に来たと思われる県と町の土木関係者の一団と出会った。十数人はいて私たちを含めると港に八島の全住人ほどのよそ者が平日に集まっていたことに驚く。つい先日までは待合所のエアコンがありがたかったが、そんなことも感じさせない過ごしやすい気候になってきたのだなーと、改めて季節の移ろいを感じる。

午後からは前回設置したソングメーターの回収のため島に向かう。西岸でミサゴを2羽目撃。ほとんど波もなく穏やかである。ソングメーターの回収にTさんのみ上陸し、残りのメンバーで海域を周回し、カンムリを探す。島の東岸沖合にヒドリガモと思われるカモが5羽いるのを見つけただけで、カンムリとの出会いはなかった。島から西に行って、やや北上したのち東へ進む。波も収まり、かなり遠くまで見渡せるが、発泡スチロールの破片やペットボトルが浮かんでいるだけで、今回も戦果なしの帰港となる。


(この調査は、パタゴニア日本支社 環境助成金 を受けて行いました)


※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント
タグクラウド