2020年12月13日

12月のカンムリウミスズメ調査報告2

12月13日(日)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

飛翔個体を目撃したものの、着水地点が分からず、そのままになっていたのですが、帰路、Yさんの見当が的中し、件の2羽を見つけることができました。


天気:曇り

調査時間:9:37から15:15頃まで

調査結果:カンムリウミスズメ 3(2羽+1羽の飛翔個体)


東岸を走っている間は波も穏やかだったが、沖合に出ると一変し、双眼鏡は救命胴衣の中にしまい、カメラはスーパーバックで覆って、以後、目視観察となる。沖合への走行をあきらめ、船を地寄りのコースにもどしたが、それでも飛沫を浴びて、前を向いていられないほどだった。

波というよりうねりがひどく大きく船が揺れる。これではカンムリを運よく見つけても写真どころではない。

Uターンし、後ろからの波に変わったので、飛沫を浴びることはなくなったが、船が波に押されているのが体を通して分かる。それでも懸命に鳥を探す。

時計を見ると、まだ昼には早いようだ。しばらく北上し、八島の北端に近い辺りから岸へより始めると、そこには船着き場があった。これまで着岸したことのないところだったので、興味津々で上陸する。昔、キャンプ場があったそうで、定期船もシーズンには着岸していたとのこと。Yさんにこの場所の地名を聞くと漁師の間では洲鼻(すのはな)というと。後で調べたところによると古浦という地名のようである。八島は、大島、小島、与崎と呼ばれる3つの島が砂州で繋がっており、古浦は小島の北端に当たるようである。

昼食後、西方の岩礁で休んでいるウや近くに飛んで来たイソヒヨドリの写真を撮ったり、八島神社の鳥居前を通って、与崎を望む海岸まで散策したりして過ごす。打ち上げられたゴミの量には驚かされたが、景色そのものは絶景と言ってよい。海岸ではクロサギを1羽見つけたので、様子を見ていると、いつのまにか2羽になっており、ペアの可能性もあり、繁殖期が楽しみである。時間がなかったので、八島神社の本殿までは行けなかったが、また来る機会があったら行って見ようと思う。県や町が本腰を入れて整備すれば、きっと素晴らしい観光資源になること間違いなしで、県のホームページでも「島の北部の与崎は、小さな山が約1kmにわたって海に突き出た奇勝の地ですが、ここには全国的にも非常に珍しく学術的な価値が高いとされている広葉樹のカシワと針葉樹のビャクシンが混生した群落があります」と紹介されている。

午後からは再び西進したが、午前中の波はどこへやらという感じで、結構、遠くまで見渡せる。1時を過ぎたころ、Hさんが右舷前方に2羽で飛ぶウミスズメ類を見つける。かなり距離があり、飛んで行ったのは分かったが、結局、見失う。その後、飛んで行った方向を中心に着水していないか双眼鏡を駆使して探す。

20分くらい進んだ頃、ウミスズメ類が2羽飛んできて、地寄りに飛んで行った。方角的には先ほどのペアと思われるが、またしても着水地点が分からずじまい。そのすぐ後、今度は1羽がへいぐんブイ方向へ飛び去る。先の2羽とは位置的には異なるので、別個体と思われる。

折り返し、やや沖合を東へ進む。どうも先ほどの1羽の行方がYさんは気になっていたようだ。ブイの南方沖合を進み、今度は地寄りに進路を取る。やはりYさんは鳥が飛んで行った方向へ船を進めていると確信し、私も気合を入れ直して鳥を探す。


カンムリウミスズメ211213_3.jpg

2時35分過ぎ、Hさんと私が同時に船の左舷に浮かんでいる2羽を見つける。この2羽は、あまり警戒しないペアで、前回見つけた1羽とは大違い。曇り空なので、きれいな写真は撮れないが、繁殖羽に衣替えした個体なので、私も俄然、やる気になって撮りまくった。水中を窺う動作を繰り返しており、2羽がいい感じで、顔を向けてくれるチャンスは少なかったが、何とかものにできた。


カンムリウミスズメ211213.jpg


カンムリウミスズメ211213_2.jpg


Mさんは、前日の調査を天候不良ということで中止にしたのに、この日の海況は前の日より悪い状況での調査となったので、カンムリが見つかって内心ホッとされたことだろう。その後、白浜港に船を進めていると、Hさんが「いた!」と声を上げたので、しまいかけていたカメラを向けると、何と紛らわしい浮遊物で、一同、爆笑。やはり、カンムリが出るとみんな心に余裕ができるのか、海上の寒さもどこへやらである。



(この調査は、日本自然保護協会 の助成を受けて行いました)


※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント
タグクラウド