2020年08月14日

8月のカンムリウミスズメ調査報告2

昨日、8月14日(金)天気:晴れ

調査時間:9:30から14:20まで

調査結果:カンムリウミスズメ 1



「目」は多いのだが、これまで見られた海域を回ってもカンムリの姿はなく、黒っぽいものを見つけてもサメだった。


bサメ200814.jpg


出港後、1時間が過ぎた頃、やっと沖合で1羽でいるカンムリに遭遇。1羽でいるカンムリはナーバスになっているものもいるが、それほど警戒する様子はない。といってもずっと短い冠羽を立てていたので、それなりに警戒心はあるのだろう。海面に顔をつけるシーンがあったので撮影したところ、その後撮影したものに何か嘴に咥えている写真が数枚あった。


b何かを咥えているカンムリ200814.jpg


飲み込んだところは確認できなかったが、ある時点からの写真には嘴には何もないので、獲物だったのかもしれない。一定時間、咥え続けていたことが少々気になるが…。


b飲み込んだ後?のカンムリ200814.jpg


その後、ゴミの多い海域に入ったので期待したが、結局、前回の調査時に設置したソングメーターの回収に立ち寄った島まで次のカンムリを見つけることはできなかった。回収作業にTさん、Mさん、Uさんの3人が上陸。残ったメンバーは海上で待機。今回はYさんがビーチパラソルを用意してくれており、その下でティータイム。先日、角島に行った折に買っておいた「長州路菓子処だるま堂」の饅頭をお茶うけに出す。そうこうしているうちに上陸した3人が思ったより早く戻ってきていたので迎えに行く。

沖合を走行。ウミネコが何羽か見られただけで、戦果なし。島へ上陸し、昼食・休憩となる。定期船の待合室は冷房完備で、天国のようだった、定期船の船員さんとYさんのやり取りを聴きながら弁当を食べる。翌日に予定されている法事に持参する魚の注文のようで、相手の人が結局、Yさんの言いなりになって、魚の手配だけだったはずが、三枚におろして渡すはめに。この掛け合いが、つかの間の休息となった。

午後からは、幾分地寄りのコースで左右、前方、繰り返し双眼鏡で見回したが、船長の強運もここまでだった。と言ってもゼロではないので、記録更新である。新たなソングメーターの設置場所を確認。この日は、潮が悪く、接岸できないため、設置作業は後日ということに。早めのお開きとなったが、Yさんからのサプライズで、船釣りを体験させてもらえることになった。私もTさんもほぼ子供の頃以来のことである。ねらいはチダイとのこと。エサは生きたエビ。「海老で鯛を釣る」は「わずかな元手でがっぽり利益を得ようとするさまのこと」を言うらしいが、Yさんの話では遊漁8000円コースと変わるところなしというから、決して僅かな元手ではない。釣り場は白浜港の防波堤の外側付近、チダイも結構釣れたが、ベラ、ウマヅラハギ、カワハギ、エソ、アジ、マダイなども釣れ、2時間ちょいの所要時間で素人がいろいろと釣り上げられるのであるから、よほど漁場がいいのだろう。調査時より暑かったが、思わぬサプライズに感激であった。



(この調査は、パタゴニア日本支社 環境助成金 を受けて行いました)


※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント
タグクラウド