2022年03月31日

【動画】第4話 2021-2022 上関の自然を守る会 〜海上調査報告〜

〜奇跡の海 上関からのおくりもの〜

第4話 2021-2022 上関の自然を守る会
    〜海上調査報告 〜







posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 【動画】上関からのおくりもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月26日

【鳥の散歩道1】 海鳥はどうやって海面から飛び立つの?

新コーナー【 鳥の散歩道 】を作りました。

ここでは鳥についての素朴な疑問や、山口県内から日本国内の四季の鳥たちの生活などをお届けします。


第1回目は「海鳥はどうやって海面から飛び立つの?」です。


「ウミスズメの飛び立ち」の画像は、複数のウミスズメが飛び立つ時の画像です。


220326飛び立ち3.jpg


助走がいるのは、水中に潜る鳥なので、体が重い造りになっているからかもしれません。翼は飛翔にも使いますが、水中でも翼を使って進むため、翼の構造が水圧と気圧の抵抗の違いに対する妥協点となっていると思われ、飛翔力は余り強くはないでしょう。


220326飛び立ち1.jpg


220326飛び立ち2.jpg


ハクチョウ類やガン類も体が重いので助走しますが、一旦、飛び上がると翼の力が強いので、一気に高空へ舞い上がります。カモ類はおもしろいことに、水面で採餌するタイプのカモは助走をほとんどせずダイレクトに飛び上がります。

一方、潜水して採餌するタイプのカモは助走がいります。潜水する鳥でも翼を使うタイプ(ウミスズメ類やペンギン類など)と足こぎで推進するタイプ(ウ類、カイツブリ類、アビ類?)とがあります。足こぎタイプは水かき(カイツブリ類は弁足と言われるヒダのようなもがある)が発達しています。

ウミスズメ類にも海上を遊泳するので水かきはありますが、水中では翼を羽搏いて進み、足は舵のように使っていると思われます。
潜水するタイプの鳥の足は構造上、体の後部についていて、歩行には不向きです。


220326潜水.jpg


潜水にも空中から勢いをつけて水面に飛び込むタイプもありますが、専門的になりすぎるのこれくらいにしておきます。いずれにしても、種分化や進化という長い年月をかけて、現在の形態や生態に適応したものといえます。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 鳥の散歩道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月21日

観察会のお知らせ 4月3日(日) お花見クルーズ 

恒例の山桜を楽しむクルーズをご案内いたします。
気象庁の生物季節観測の状況によると、山口県下関市の桜の満開状況の平年日は4月4日と公表されています。(3月21日現在)


 上関の春を満喫!
    お花見クルーズ


 日時 4月3日(日)

   9:30 受付 マルゴト博物館に集合
   10:00 「ヤマザクラと上関の里山」
          をご存知ですか?
   11:00〜15:00 お花見クルーズ


申込み締切 3月31日(木)

参加費 大人2000円、小学生以下1000円
    お弁当を注文の方は1つ500円(要予約)

お申込み先 上関の自然を守る会 高島まで



※参加者が安心できる活動のため、コロナウィルス感染予防対策として下記の内容にご協力願います。
 ・除菌スプレーなどは各自ご持参ください。
 ・集合場所にて受付時に体温測定などの健康チェックをお受けください。
 ・参加中はマスクの着用、1m以上の間隔をお取りください。


posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 観察会のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド