2021年10月31日

10月のカンムリウミスズメ調査報告4

10月31日(日)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

何とか10月中に1羽でも見つけようと頑張ったのですが、カンムリを見つけることはできませんでした。

概況を記します。


天気:曇りのち晴れ

調査時間:9:33から14:36まで

調査結果:カンムリウミスズメ 0



久しぶりに研究者のTさんの同行ということもあって、出港後しばらくはいろいろと鳥に関する話が弾んだ。ほとんど私からの一方的な情報伝達ではあったが、日ごろあまりそうした話をする機会がないので、ついつい調子に乗ってしまった。

沖合に進むにつれ、波も出てきて、船長から「今日は午前中が勝負」と言われていたため、勝手に穏やかな海況と思い込んでしまっていたが、前回より波高は高く、とても遠くを双眼鏡で見回すという状況ではない。不思議と沖合を大回りで祝島が正面に見える辺りまで進むと向かいからの波も幾分収まってきた。

前回、多数見られたウミネコもいくらか飛翔個体や着水個体を見かけるものの、鳥の気配が感じられない。少し早いが、お昼にしようということで風当たりの弱い島の南岸に近づくと島の上空をトビが舞っている。そのうちミサゴが2羽やって来るが、尾根の向こう側へ行ってしまい見えなくなった。

Tさんが双眼鏡で別のものを見ていたので聞いてみると、カラスバトが飛んでいたとのこと。島の西側の岩礁地に船をつけて3人が上陸。船長は船に残って近くで過ごすことに。その岩場はカメノテが密集した岩からなっていたが、ちょうど腰掛けられる高さの岩棚があって、そこに座って弁当を食べた。

Tさんが弁当のおかずの種類を数えていたので、道の駅で売られているニコニコ亭の弁当は人気があってすぐに完売となる、と前回の弁当談義の繰り返しとなった。

お茶菓子として前日、友人とのドライブで行った長門土産の「湯面(ゆめん)もなか」を配る。食事中、ハヤブサが目の前をかすめ田ノ浦(ダイノコシ)方向へ飛んで行く。ヒヨドリの渡りを狙っているのだろうか。でも見る限りでは、小鳥類の動きは全くなく静かなもの。遠くの岩場にイソヒヨドリと思しき鳥が見えるだけ。休憩もそこそこで船に乗り込む。

岩場を離れたところで、鼻繰島方向からハヤブサが飛来。一旦、岩陰に消えたが、再び、近くの岩の上に止まり、周囲を見回している。「睥睨(へいげい)」という言葉がピッタリする。


ハヤブサ飛翔211031.jpg


船長に船をそのまま動かさないでとお願いする。船長はちょうど電話中で気づかなかったようだが、みんながカメラを構えているので、「撮影会」が始まったと理解。船は止まっている分、波でゆらゆら揺れてハヤブサがなかなか画面の中に収まらない。かなり距離があるのでズームすると余計に難しい。


周囲を窺うハヤブサ211031.jpg


ハヤブサは成鳥、すごくきれいな個体で、しかも順光、シチュエーションも申し分ない。こんな機会はめったにないので、何とかものにしたい。ピントもまずまずの写真も撮れたようなので、欲が出て、船を少し前へ進めてもらう。近寄ると飛ばれるので、角度を変えてお腹側が写るようにしたかったのだ。しばらくその岩場にいてくれたので、何とか満足のいく写真が撮れた。

その後、そのハヤブサは飛び立ったが、近くの岩場(私たちが弁当を食べた岩場)のてっぺんに生えている低木の上に飛び込む。体全体は見えないが、獲物を探している様子が見て取れる。撮影にはMさんも苦戦しているようだったが、Tさんは私たちのようにハヤブサの撮影に必死になることもなく、周囲の環境写真等を撮影しておられた。さすが! 

船長の「もう、いい?」の声で、「撮影会」もお開きとなり、午後の調査を開始。


調査海域211031.jpg


島間のトライアングルをジグザグに見回るもカンムリは見つからない。船を進めている時、ハヤブサらしき鳥が飛んで行くのを見ただけで、白浜港入港前、着水しているウミネコを海上で何羽か見るまで鳥にも怪しい浮遊物にも全く出会うことはなかった。「ハヤブサさん、ありがとう」、この日の調査はこの一言に尽きる。



(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド