2021年09月26日

9月のカンムリウミスズメ調査報告3

9月26日(日)

カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

残念ながらカンムリウミスズメには出会えませんでした。


調査時間10時から16時まで

調査結果カンムリウミスズメ確認できず。

ハマチの群れとウミネコ幼鳥2羽


今日からカンムリウミスズメ撮影のためにカメラマンとの連続調査である。

例年8〜9月は確認例が少ないので「カンムリウミスズメが撮影できるまで最長5日間トライする。」という鬼のような?日程設定をお願いした。その代わり「初日で良い映像が撮れれば1日で帰っても良いよ!」といういわば出来高払いのようなお願いなのだ。

メンバーは鳥博士のHSさんが近所の憂いで急遽キャンセル。Kさんも体調不良で参加できず、何と船長とカメラマンさん、私の3人である。おのずから報告者は私しかいないわけで、プレッシャーがかかる。出発時点でこんな弱気ではだめだなと思いつつ、HS博士?を思い出し、カンムリが出なかった時のために話題性のありそうな事柄をメモる。

白浜港を出港。空にはいわし雲が浮かび秋の訪れを感じる。

ちょうど沖でLPG運搬船に出会う。ネットで船名を調べるとこの海運会社には同じ名前の兄弟船?が7隻いるようだ。2003年竣工とあり、三男にあたるらしい。


島東側を南下する頃には気温がぐんぐん上がって、着ていたウィンドブレーカーを脱ぐ。

更に島南1〜2Km.のあたりで海面がザワザワ波立っている。

ナブラだ!魚の群れの事を漁師さんたちは「ナブラ」と呼ぶ。

「船長になんの群れ?」と聞くと、ハマチの群れだという。写真に収めようと動画に切り替えたが、再生するとハマチの姿は映っていなかった。そこへめがけて海鳥が3羽舞い降りてきた。

「もしや、オオミズナギドリでは?」とカメラを構えるが、羽の動きでウミネコと判明。しかし全体が茶色っぽく幼鳥だとわかる。海面に浮かぶ2羽を撮影していると左の1羽がくちばしに長いひも状のものをくわえている。「何なのか?」望遠でカメラを構えるが、うねりが大きくなかなかカメラに収まらない。結局、正体を突き止めることはできなかったが、魚ではなさそうだ。


ヒモ状のものをくわえたウミネコ210926.jpg


そうこうしていると左の鳥が放した長い獲物?を今度は右の1羽がくわえた。後ろからなのと本人の腕もありカメラに収めることが出来なかった。船長判定は「海藻かなんかじゃないか?」との事。ビニールでなければ良いがと祈りながら、彼らに別れを告げる。

島を周回し沖合から南下。

柳井火力発電所に出入りする大型タンカーを曳航するタグボート2隻がしずしずと南西方向に向かってゆく。タンカーをお迎えに行くのかと思うが通常はタンカー前方に1隻、両側に2隻、計5隻が付いている。なぜ2隻だけなのか?

「ねえ、いつも5隻なのに今日は2隻だけだね?」船長に聞いてみる。

「後の3隻は徳山港から来るんじゃないの?」と船長の答え。

この船をネットで調べると、常駐港は岩国港とある。この2隻は今朝、岩国港を出てきたものと思われる。余談だが、この発電所は70万Kw2基を擁し、燃料のLNGはオーストラリア、カタール、オマーンから輸入しているという。

遅めの昼ご飯に八島の定期船休憩所を借りようと港に入るとちょうど上関丸が出航するところで乗客が乗り込んでおられた。


上関丸210926.jpg


船長はカンムリハンター魂が、カメラマンさんはプロ魂が動くらしい。昼食もそこそこに午後の調査にいざ出陣だ。

もう一度、島間のトライアングルコースを周回する。

風も収まりべた凪で見通しが良いが、鳥の気配は少ない。

沖合に紺と白のスマートな船舶が姿を現す。

船名から乗用車などの運搬船とわかる。乗用車900台が積載可能なようだ。

とうとうカンムリには出会えずの帰路となる。

空を仰げば、夏の名残の積乱雲と秋の訪れを告げるイワシ雲が季節の移ろいを教えてくれる。 


積乱雲とイワシ雲210926.jpg


最後に船長のアイデアで船内に設置されたベンチで、快適な調査ができたことを報告しておこう。



(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

9月のカンムリウミスズメ調査報告2

9月12日(日)

カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

残念ながらカンムリウミスズメには出会えませんでした。


調査時間10時から16時まで

調査結果カンムリウミスズメ確認できず。

 オオミズナギドリ 3羽

 イルカ 50頭位


昨日のリベンジと1日遅れの船のご祝儀を期待して地元最強?メンバーで白浜港を出発。本当は鳥博士HSさんが不在で心許無い船出である。しかしここは強気で視点を変えて、これまでとは少し外れてみようと島西岸を南下。

島西側で潮目のゴミにぶつかり目を凝らすも鳥の姿はない。進路を南東にとり沖合7〜8km位まで南下。この海域には「いよ6号」という灯浮標があり調査の際の良い目印であった。しかし2018年10月〜2021年12月31日まで海上保安庁が実際の灯浮標とバーチャルAIS航路標識(仮想航路標識)を組み合わせた取り組みを試行中で偶数の2.4.6号が現在撤去されている。航行中の船にとっての効果はわからないが、見慣れた目印がないのは心なしか寂しい思いである。

八島南岸にウの糞で真っ白になった岩礁がある。これを漁師さんたちは「八島のウのくそ」と呼ぶ。他にも「鼻繰のウのくそ」などいくつかの島に「ウのくそ」がある。漁師同士の海の目印として利用するのだそうだ。

進路を変更して間もなくはるか前方に黒い突起物が浮き沈みする。もしや?と目を凝らす。イルカだ!!同時に船長も振り返り「イルカじゃろ?」と声を掛けてくる。「うん!そうそう!!」と私。カメラを構え船長が船を寄せるのを待つ。

ところが船長は一向に船足を上げる気配がない。昨日の撮影で十分だと思っているようだ。私はカンムリウミスズメが出なかった時の今日の話題に何としても記録しておきたい。私の顔色を見て船長が「また行くの?」と聞いてくる。「うん、お願い!!」船長がイルカの群れに船を寄せる。

群れは50頭くらい。「キー、キー」という声も時折聞こえる。

心なしか昨日よりゆったり泳いでいる。


イルカの群れ210912.jpg


よく見ると群れの中間あたりには大人のイルカに両側から守られるように明らかに小さなイルカが水面に顔をのぞかせる。やはり子供たちに合わせてゆっくり泳いでいるらしい。


イルカ親子連れ?210912.jpg


船に近寄って来て下を潜ったり、白いお腹を上に向けたり見た目にはリラックスしているように見える。本当はどうなんだろう?イルカに聞いてみないとわからない。

「飛び込んで一緒に泳ぎたい!」と言ったら、船長にたしなめられた。

いよいよ群れにもお別れして本来のカンムリ調査に戻ろうとした矢先、ひらりと水面近くに舞い降りて来た鳥がいる。オオミズナギドリだ!海上での久しぶりの対面に心が躍る。しかもイルカの群れと戯れるように飛んでいる。するとまた1羽。計3羽が確認出来た。


オオミズナギドリとイルカ210912.jpg


シャッターチャンスに恵まれず、イルカの背中が少ししか映っていないのが残念。しかしイルカとのコラボは会の調査始まって以来、初記録なのでこれはこれとして成果としておこう。このオオミズナギドリは現在、子育て中の親だと思われる。今月下旬には島に上陸してオオミズナギドリ繁殖調査が行われる予定なので結果が楽しみである。ひょっとすると彼らに再開できるかもしれない。

昼食は島に寄る時間を節約して海上で摂ることにする。

お茶請けは昨日HSさんに紹介された翁飴である。船長にも昨日の土産話を添えて差し出す。

「こりゃー、うまい!!もう1個貰っていい?」と船長から珍しくお代わりの催促だ。本当に優しい甘さで昔懐かしいゼリーの味がする。「病みつきになる」というHSさんの言葉を改めてかみしめる。

お昼を早めに切り上げ、いざ午後の調査開始。今度は祝島を攻めてみようということになる。

海面は鏡のような凪である。

祝島沖の3号ブイ近くをさらに進むとその沖合にブイが見える。以前は「いよ2号」ブイがあったけれど今はないはず?とカメラの望遠で収める。確認してみると「いわいしま」と書かれていた。ネットで調べるとこれは海上保安庁ではなく山口県が設置したもので「祝島南西方灯浮標」というらしい。やがて小島、小祝島が見えてくる。祝島の人たちはこの3つの島を親子三代になぞらえて「祝」「小祝」「孫祝(小島)」と呼ぶ。親と子に挟まれて孫がいるというわけだ。

ここでもいくつか潮目に会うが鳥は見つからない。

小祝島から進路を変える。

Kさんが「あれは?」と叫ぶ。目を漏らすと沖に7羽の鳥らしき影が!もしやと期待するがカモメ類(多分ウミネコ)であった。でもこういう日は鳥に会えたというだけでありがたい気分になるから不思議なものだ。

最後は室津半島と長島の間を帰る。地元の漁師さんたちはこの海域を「うちうみ」と呼ぶ。長島南岸に比べ波静かで穏やかなこの海域の特徴を指しているのだろうか。台風や冬の強風時には船の避難場所となる。大小さまざまな船舶が舳先を同じ方向に向け来るべき嵐に備える様はいつ見ても心慄く。そんなこんなを思いながら白浜港に帰着したのは16時近くだった。



(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

9月のカンムリウミスズメ調査報告1

9月11日(土)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

残念ながら今回もカンムリを見つけることはできませんでした。なかなか手強いです。

概況を記します。


天気:曇りのち小雨が降り続く(一時小康状態あり)

調査時間:9:41から15:05まで

調査結果:カンムリウミスズメ 0


この日一番の話題は、新しくなった調査船での初航海だということである。船長が、これまで使用していた自身の漁船の部品供給がなくなったため、故障した時のために、ちょうど知り合いの方から話のあった中古船を購入されることになり、会からもカンパ要請をしていた。皆さんの協力のおかげで購入資金に目途がたって、この度、目出度くお披露目航海となった次第である。船長は、ペンキを塗り替え、前部の操縦ボックスも新たに設置したが、走っているうちにまだまだ問題点も出るだろうと言っていた。とはいえ船の縁も高く、飛沫除けも期待でき、心なしかエンジン音も前の船より静かに感じた。

波は穏やかで、ほぼべた凪に近い。この時期にしては涼しいというか、海上を走っていると体感的には寒いくらいだ。曇り空のため海面が白っぽく、鳥も見つけやすい。10時を過ぎた頃から雨がポツポツと降り始め、初めは我慢していたが止みそうにないので、船上で雨合羽を着こむ。これでちょうどいいくらいの体感温度となった。

出発前、初航海のご祝儀があれば最高なんだがという話題で盛り上がったが、なかなか手強い。いつもより貨物船の数が少ないようだなと思っていたら、ちょうど前回話題にした球形のデッキをもつ井本商運の貨物船に出くわしたので何枚か撮影する。そのすぐ後、貨物船ではない船が近づいてきたので、とりあえず写しておく。後で船名から調べれば何をする船か分かるだろうとの思いから撮影したのである。ネット調べたところNTTグループの企業が所有するケーブル敷設船すばるという船だと分かる。

雨が降り続いているので、カメラは写したらすぐに防水バッグに入れる。鳥が出た時、すぐに取り出せないので機動力は落ちるが、出しっ放しにしてレンズの中まで曇るのは避けたい。沖合で一度、飛翔中の鳥を船長が見つけ、全速力で追いかけたが、見失った。近くに着水していてくれれば、識別もできるたに、残念。飛び方からウミスズメ類ではなかったと思うのだが、では何の仲間? この時期、思い当たる鳥もなく、自分の不甲斐なさにしばらく苛まれる。

昼前にTさんから豆菓子が配られる。昼食・休憩がこの日はだいぶ昼も下がってのことだったので、空腹がしのげた。八島港の定期船待合室には、いつもの顔ぶれがおられたが、鳥の出現を聞かれるのが、苦痛というか、こう毎度毎度坊主だと勢いがつかない。この日のお茶うけは、事前に用意できなかったので、朝、トイレによった道の駅「上関海峡」で買った祝島特産「よもぎまんじゅう」4個入り。さすがに待合室で調査メンバーだけに配るのは気が引けたので、午後からの調査に出発する船の上で配った。地元の人に地元のものを配るというのは、芸のない話ではあるが、気持ちだけということでご容赦願いたい。

鳥の気配がないとか鳥が出る雰囲気がないといった非科学的な表現をこのところ多用しているが、今回は何か出そうな気配なのに出ないという感じなのである。野山であれば鳥の声や、鳥の飛び回る姿などから気配を感じとれるので、あまり違和感を覚える人もいないだろうが、海の上での気配とか雰囲気となると、かなり恣意的で客観性に乏しい。

沖合の5号ブイ手前で東へ進んでいる時、積み荷が何なのか分からない貨物船が遠望された。船名で調べると、この船会社はスクラップの運搬を請け負っているようだ。それで積み荷の形状がデコボコしていたことに納得。

沖合を走っている時、遠くに船の航跡のように黒く波立ったものが見えたので、双眼鏡で確認していると、Tさんが「イルカ!」と声を上げた。全速力で群れの近くまで行くと、前回見た時の群れほど大きくはないが、かなりの数である。


イルカの群れを追う1210911.jpg


どんどん群れは進み四国方向へ南下していく。群れを追っていくと、中には船の近くへ寄って来る個体もいる。


船のすぐそばにやって来たイルカ210911.jpg


ほぼ群れの先頭に追い付いた時、大きな鳴き声を聞いた。群れはどんどん加速し、前へ進んで行ったのだが、やたら尾びれを海面に叩きつける個体が見られた。どう見ても不快感を表しているとしか考えられない動作である。動画で撮影したものを見ると同じ個体が何度か尾びれを打ち付ける動作が見られたが、船との距離が開くにつれ、普通の泳ぎに戻って行ったのが見て取れた。

我々もカンムリ探しに戻ったが、「今日のご祝儀はイルカ?」と不安がよぎる。その後、別なイルカの群れが見られたが、先ほどの群れに比べると群れは小さいようだった。


背びれが欠損した個体も210911.jpg


すぐ後にはサメも見られ、浮遊物の浮かぶ広い海域もあって、期待したのだが、結局、紛らわしい海上浮遊物に振り回されただけだった。従前の大雨のせいか、浮遊物は木質系のものが多いように感じた。とうとうカンムリのご祝儀はないまま、船長のお客さんを拾って港に戻る。



(この調査は、セブン‐イレブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。



調査終了後、柳井駅に送ってもらうついでに、柳井のお菓子屋さんに寄ってもらいました。それは「翁あめ」というお菓子を買うためです。私は饅頭や羊羹も好きですが、それより柔らかい外郎、淡雪、マシュマロ、ゼリー、寒天といったフニャフニャしたお菓子に目がありません。この「翁あめ」はあめというよりは餅菓子、いや食感はゼリー、一度食べたら病みつきです。柳井駅の売店がなくなり買えなくなったので、ナビで調べてもらって行きました。「ひがしや」というお菓子屋さんです。これまで柳井と言えば「金魚提灯」、「甘露醤油」、それにお菓子は「三角餅」だと思っていました。「三角餅」製造元が変わったことを以前書いたと思いますが、こんなにおいしい銘菓があったことは、生まれが柳井の亡くなった妻からも聞いたことがありませんでした。たまたま柳井駅の売店に新聞広告のコピーが拡大されて貼られていたのを読んで、購入したのがキッカケでした。皆さん、柳井に行かれた時は、騙されたと思って、ぜひ、お買い求めください。私は、「ひがしや」さんとは何のゆかりも宣伝する義理もありません。気になる方は、ネットで検索してみてください。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド