2020年06月20日

6月のカンムリウミスズメ調査報告2

20年6月20日(土) 天気:曇りのち晴れ 

調査時間:10:20から17:00まで 

調査結果:カンムリウミスズメ 2


クロサギの繁殖確認をするため、南岸の岩場を船上から双眼鏡で探す。怪しそうな箇所はあったがクロサギ自体が見られない。ミサゴが頭上を飛び回る。4羽見られたが、親鳥と巣立った幼鳥のようだ。その後、飛んで行くクロサギを目撃したが、戻ってくる様子はない。回り込むとミサゴの動きが活発になる。しかし、木に止まったり、巣に止まったりして休む個体がいる。写真を撮って確認すると休んでいるのは幼鳥のようである。あまり長くは飛び回れないのかもしれない。ワシタカの識別図鑑によると幼鳥の特徴として「雨覆の先端が尖っており、羽縁は淡褐色」とあるので合致する。


bミサゴ幼鳥200620.jpg


昼食となる。曇っていた天気も昼前から晴れてきて、景色は素晴らしく、「絶景かな、絶景かな」というところ。時々、ミサゴが頭上を飛び回ったり、アマツバメが舞ったり、上陸時に岩場にいたカルガモは海上へ出て泳ぎ回っているし、海上を飛ぶクロサギも見られた。Mさんは上陸せず船で沖合にいたが、その後方を自衛艦が通り過ぎた。写真に写っていた船の番号を調べたところ、呉を母港とする護衛艦(あぶくま型)「とね」だと分かる。こんなことはどうでもよいが、かつての「ミリタリーおたく」としては調べないと気が済まないのだ。

昼食後、岸壁から周囲の景色や鳥の写真を何枚か撮り、午後の調査へ。この海域は前回の調査でもカンムリが見つかっており、注意深く海上を探す。目が多いのになかなか結果が出ない。自然を相手のことだから仕方ないとは分かっていても焦ってしまう。とくにK船長の船での調査はこれが最後かと思うとよけいに焦る。調査メンバーを下した後、今度はスナメリの音響探査で東方に船を走らせる。地寄りなので、カンムリの期待はできないが、これまで調査で行ったことのない場所だったので、岩場に鳥の糞の跡を見つけたり、崩落箇所に見入ったり、それはそれで得るものもあった。

スナメリの調査が済んだ後、Tさんが岩場に糞のあったところをよく見てみたいと船長に頼んで引き返してもらった。K船長は、カンムリの調査にさく時間が少なくなっていることを気にされて、すぐにでも船を進め、周回後に行く予定でおられたように見えた。近寄ってみると糞の近くに繁殖の痕跡はなく、大型の鳥が止まり場にしているようで、ちょうど近くからミサゴが飛び出し、今後も注視していこうということになった。

時間も時間で調査メンバー回収のため直行コースをとる。そんな「寄り道」が功を奏したのか、走り始めて程なく、Tさんが船の右舷すぐそばに2羽のカンムリウミスズメを見つける。時間はあるので、写真をしっかり撮られてくださいと連絡が入る。K船長も寄り道が良かったと笑みを浮かべておられたので、出てくれたカンムリに感謝、感謝である。この2羽は写真にあるようにほぼ換羽状況は同程度で、幼鳥も疑ったが、Tさんの話では頬(目の下あたり)に僅かではあるが黒い羽毛が残っていることから成鳥のようだと。月ごとの写真を整理すると成鳥、幼鳥の区別に役立つだろうともおっしゃっていたので、周年観察できるこの地の利点を活かして、今後、学術的貢献もできそうだ。調査が入ったので、島で営巣するアマツバメが一斉に飛び出していたのか、いつもよりたくさん(20+羽)の数が見られた。最後の航海にカンムリが花を添えてくれたことを、心に刻んで帰港したのは私だけではなかったと思う。



bカンムリウミスズメ200620.jpg


帰港後、K船長と船に長年の感謝を込めて、お礼の花束を皆から送り、私からは熊本から取り寄せたアマビエの団扇をプレゼントした。K船長、これまで本当にありがとうございました。


b祝島や鼻繰島を望む200620.jpg



(この調査は、パタゴニア日本支社 環境助成金 を受けて行いました)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

6月のカンムリウミスズメ調査報告1

20年6月6日(土) 天気:曇り

調査時間:9:45から15:10まで

調査結果:カンムリウミスズメ 1


今回も運よく海域でイルカの群れに出会う。このイルカ、マイルカの仲間でハセイルカという種らしい。Rさんが前回、W先生が教えてくださったのを覚えておられ、忘れてはいけないと手帳にメモをした。前回同様、ジャンプのタイミングとシャッターのタイミングが合わず、良い写真は撮れなかった。


bハセイルカ200606.jpg


その群れの近くで1羽のアビ類(シロエリオオハム?)が見られたが、これもうまく写せなかった。波もほとんどなく海面も白っぽく、鳥を見つけるにはベストな状態なのに、なかなか手強い。アマツバメは確認できなかったが、いつものようにミサゴが迎えてくれた(歓迎はしていないようがったが…)。クロサギの繁殖の気配は相変わらずなく、つがいと思われる2羽のイソヒヨドリが飛び回っているだけだった。船を進めている時、灯台下の海面にカルガモが浮かんでいた。カルガモも海上にいないわけではないが、結構、沖合の島なので証拠写真を撮る。カモメ類もウミネコだけになってしまい、楽しみも半減(足の黄色いセグロカモメで楽しませてもらったのが懐かしい)。

午後の調査の手始めに、クロサギの繁殖状況を確認に行く。釣り人が岩場に見られたが、昨年使った巣に糞の跡などの形跡がないことから、今年は場所を変えたのかもしれない。ミサゴの巣の確認も船上から行う。1羽が警戒して飛び回る。巣を双眼鏡で確認すると、2羽が並んで外を見ている。ヒナだろうか、目つきは鋭く、体もほぼ親鳥くらいはあるようだ。しかし親鳥なら私たちが近くにいるのを見過ごすはずはなく、おそらく巣立ち前のヒナ(幼鳥)なのだろう。以前、クロサギが3羽いるのを確認した側を見て回ることに。反対側からミサゴの巣を見ていると、近くからクロサギが1羽飛び出す。その付近を丁寧に見たが巣らしいものは発見できなかった。すぐ戻ってきたので、ひょっとすると近くで繁殖しているのかもしれない。今後も気をつけて見ていく必要がありそうだ。カルガモを見つけたが、このカルガモ、光線の加減かもしれないが、首から胸にかけて赤みを帯びていた。別種でアカノドカルガモというのがいるらしいが、こちらは頭部や顔にも赤みがあり、沖縄での観察記録がある。全く関係はないと思うが。

その後、本業のカンムリ探しに戻り、再び、「目を皿のように」「鵜の目鷹の目で」海上を見渡す。潮が止まったような状態のところは浮遊するゴミが多く紛らわしい。こうしたゴミの多い海域で見つかる鳥もいるので、要注意である。船の前方にゴミではなく1羽の鳥、それもカンムリウミスズメを見つけた。もう今日はダメかと諦めかけていた中での発見で、一同胸をなでおろす。


bカンムリウミスズメ200606.jpg


アマツバメが乱舞とはいかなかったが、8羽が飛び回っていた。今回も、そのスピードについていけず、ベストショットを逃してしまう。


bアマツバメ200606.jpg


結果的には何やかやと鳥が見られ、いい調査だったということなのかもしれない。



(この調査は、パタゴニア日本支社 環境助成金 を受けて行いました)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。



posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド