2020年05月23日

5月のカンムリウミスズメ調査報告4

5月23日(土) 天気:晴れ

調査時間:10:50から16:50まで

調査結果:カンムリウミスズメ 3


最初の出港はアクシデントはあったが、幸運にもイルカの群れに出会うことができた。群れは四代沖から八島方面に向かって移動して行ったが、一度、小群が船のすぐ近くまで来てくれて、辛うじて証拠写真を撮ることができた(なかなかイルカの飛び上がりとシャッターのタイミングが合わず、八島側の画像は動画から静止画にしたもの)。一体、何頭くらいいたのだろうか。大きな群れを間近で見るのはDVD制作のための撮影時以来だった。

本日2度目となる航海。1度目より幾分、波も収まってきた。はるか遠方に潜水艦と思しき船影が水しぶきを上げて進んでいる。鳥が出なかった時の話題に何枚か望遠で撮影する。アマツバメとミサゴの繁殖状況を確認に行く。ミサゴは何時ものように船が近づくと警戒し、鳴き声を発しながら上空を旋回する。最初は巣についていた1羽だったが、しばらく見ていると、どこからやってきたのか、もう1羽現れる。アマツバメの姿は見られない。クロサギの巣があった場所も動きがない。クロサギの古巣の近くでイソヒヨドリが3羽、どういう組み合わせかは分からないが、どうも繁殖行動らしかった。

早昼を岸壁に上がって摂る。Yさんの船の時は何時も船上での昼食となるのだが、陸に上がっての食事はありがたい。蚊が多かったのは嬉しくなかったが、景色もよく、近くにイソヒヨドリの♀が来てくれたり、上空をアマツバメが飛んでくれたりした。船を島の周りで流していたYさんによると3羽のアマツバメが見られたとのこと。

午後の調査開始の最初に巣穴のあった近くをもう一度見るが、まったく気配がなかった。船を進めているとRさんが左舷に鳥らしきものを見つける。船を寄せてもらい、12時40分、2羽のカンムリウミスズメであることを確認。この2羽、換羽の進行具合が違い、ほとんど繁殖羽に近い個体と換羽進行中と思われる個体の組み合わせだった。4分後に、一羽が飛び去ったが、残った個体(換羽が進行中と思われる個体)は追いかける様子もなく、しばらく浅く潜水を繰り返していた。


b換羽の状況の違う2羽200523.jpg


b残った1羽が羽搏く200523.jpg


b1羽が飛び去る200523.jpg


その後、大きく一周するように船を進め、カンムリを探したが、他の海鳥もウとウミネコがわずかに見られただけで、成果は得られなかった。

15時過ぎ、アマツバメの繁殖状況を確認に行く。途中、15時26分、右舷にカンムリらしき鳥を見つける。単独個体で、飛び去る様子はない、昼過ぎに見つけた、飛ばない方の個体とは換羽の進行具合が違うようなので、発見海域は近いが、一応、3羽目として記録する。W先生のみ上陸、驚くような岩登りで繁殖状況を調べられ、定点カメラも一部回収された。島に着いた時点ではアマツバメは見られなかったが、離岸の際、どこからともなく2羽現れ、上空を舞ってくれたが、あわてて撮影した写真はピンボケで使い物にならない。W先生の話では、卵はいくつかあったが、例年に比べ少ないとのことであった。白浜港に帰港すると、ホトトギスがすぐ近くで鳴いていた。Uさんの話では、夜も朝もうるさいくらい鳴いていると。先日の濃霧の日、船を出せず、シーパラで待機していると、皇座山方向から聴いたのが上関での初認だが、付近に居ついたようだ。

調査終了後、K船長のお誘いで、みんなで夕食をよばれることに。奥さんの手料理が、これまた大御馳走であった。食事前に撮影する習慣がないので、お見せできないが、メインはカニ(いそがに)、タコの刺身、カサゴのフライ、サザエ、ヤドカリ(私は食していない)、ピースご飯、柏餅。タコの刺身を自家製の山椒味噌で食べたが、この山椒味噌が絶品。



(この調査は、パタゴニア日本支社 環境助成金 を受けて行いました)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド