2021年10月15日

観察会のお知らせ 10月24日(日) ナメクジウオ観察会

近年のナメクジウオゲノムの解析の結果から、ナメクジウオ全ゲノム配列が人の遺伝子組成と似ていることが明らかにされ、脊索動物を含む脊椎動物が共通の祖先であるという特徴が判明しています。

日本では生息環境の悪化から個体数が激減するナメクジウオが上関町にも生息しています。


人類の祖先といわれる、ナメクジウオの調査に参加してみませんか?

上関 希少生物調査
人類の祖先 ナメクジウオのナゾに迫る!

共催 日本自然保護協会


内容 ダイバーが海底から採集した砂の中からナメクジウオを船上でサンプリングします。


日時 10月24日(日)
   8:30〜16:00

場所 上関町室津 白浜漁港集合


申込み締切 10月22日(金)

参加費 無料
    お弁当を注文の方は1つ500円(要予約)

お申込み先 上関の自然を守る会 高島まで





※参加者が安心できる活動のため、コロナウィルス感染予防対策として下記の内容にご協力願います。
 ・除菌スプレーなどは各自ご持参ください。
 ・集合場所にて受付時に体温測定などの健康チェックをお受けください。
 ・参加中はマスクの着用、1m以上の間隔をお取りください。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月09日

10月のカンムリウミスズメ調査報告2

10月9日(土)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

今回も残念ながらカンムリを見つけることはできませんでした。

概況を記します。


天気:晴れ

調査時間:9:48から15:15まで

調査結果:カンムリウミスズメ 0


出港時、風と波が結構あったので、双眼鏡は使わず目視で観察することにした。島陰を進んでいる時は波も穏やかだが、沖合に進むにつれ、船の上下動が激しくなる。

島の手前の海域で浮遊物がたくさん見られたが、確認できたのはウミネコの着水個体のみであった。今回もクラゲの採取。頑張ったかいがあって、大きなクーラーボックスが満杯。ウマヅラハギ漁では1回にクラゲ4杯くらいは必要なので、これでも二日分くらいの量だそうだ。クラゲなら何でもいいのではなく、白くてぬめった長いひだひだのあるやつではないとダメとのこと。

先日、息子さんがクラゲを採りに行ったが、収穫はゼロ。島周辺にはいくらかいるのだが、海況によっては船を寄せるのが難しいこともあるらしい。

クラゲ漁の間、私は上空を旋回するミサゴの写真を撮ったりして時間を潰した。島の尾根筋をヒヨドリの小群が移動しているのが見えたので、シャッターチャンスをうかがったが、ハヤブサを警戒しているのか、飛び出しは見られなかった。

島の南側へ回り込んだ時、ハヤブサが飛び出し、突き出た岩場の裏側に消えた。ヒヨドリの動きがないのは、やはりハヤブサを警戒していたのだ。

途中、海上をこちらに向かって飛んでくる鳥を見つけるが逆光で種が特定できない。近くまでやってきて、やっとミサゴと分かる。もう1羽、後から飛んで来た。ペアだろうか。2羽が旋回飛翔していたが、島間が近いので、島で繁殖している家族群なのかもしれない。秋には今年生まれの幼鳥は親の縄張りから追い出されるはずだが、ミサゴは教育期間が長いのだろうか。連写で撮影したので、いろんな飛翔形が撮影できた。風切り羽の微妙な使い方があって興味深い。


ミサゴの飛翔形211009.jpg


島の北側の岸辺でクラゲを採取している時、クロサギが3羽、飛び出す。海上を旋回したり、磯に戻ろうとしたり、落ち着かない。おかげで、いろんな背景で撮影できた。ベストショットこそなかったが、撮影した写真の中にクロサギの排泄行為が写り込んでいた。生態写真にハマっている私としては、この1枚だけで、この日の収穫はあったと言っても過言ではない。


クロサギ排泄物の飛沫?211009.jpg


船長は、調査の途中にクラゲを採取させてもらったことを恐縮がっていたが、私はこの島近海での観察・撮影には大いに満足していたので、ノープロブレム。

波が収まらないので、島陰で停泊し、昼食・休憩となる。ニコニコ亭の弁当にホッケが入っていたことから、地元の魚を余った時は届けて、使ってもらったらどうかとか、まだ本格的なヒヨドリの渡りが見られないという話題からヒヨドリが渡る時期は、漁師の間では「アオイヨ(青魚)が固まる」といって、ナブラが頻繫に立つようになるとか、地元ならではの話に花が咲く。

お茶うけに配った「秋穂饅頭」は前日、自転車で片道40分かけて「道の駅あいお」まで行って買い求めたものである。地元の饅頭屋の話から祝い事に配られる紅白饅頭へと、お茶うけも話題提供となって、私としても自転車を踏んだかいがあった。

岸の浜やそれに続く石垣に話が移り、岸辺を見ていると、どこからかイソシギが特徴ある飛び方で飛んできて岩場に止まった。


イソシギ211009.jpg


午後の調査に向かうため島を回り込むと、前方の岩礁の上にミサゴが1羽止まっていた。

昼食中、島の尾根筋の枯れ木に止まっていた個体だろうか。近くの岩の上にいるのはカワウのようだ。船が近づくとミサゴは早々と飛んで島の方へ向かった。波もだいぶ収まってきたが、お腹が一杯になって、眠気と欠伸に悩まされる。

結局、その後もウミネコが見られただけで、カンムリには出会えなかった。船長のお客さんを蒲井と横島で拾ったが、大漁だったようである。今回も帰りの船で、「鳥は出た」と聞かれたが、何故か爽やかな気分だった。



(この調査は、セブンイ‐レブン記念財団 活動助成金、地球環境基金、

 パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク 助成金

 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。



やっと船舶の話から脱却でき、嬉しい限りです。「連戦連敗」とか、あまりに「勝ち負け」に拘っている自分が愚かに思えて、肩の力を抜いて調査に臨むよう心がけました。それが本文の最後に書いた「何故か爽やかな気分だった」の理由ではないかと思います。

10月9日は「世界渡り鳥の日」だそうですが、私自身も未だ本格的なヒヨドリの渡りを目撃できていません。ハチクマもシギ・チドリの渡りも盛期が過ぎたようなので、これからは離島の見島辺りで頑張ってみようかと考えているところです。調査には支障がないようにしたいと思っていますので、「戦果」報告を楽しみにしていてください。


posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

10月5日 田ノ浦座り込み抗議行動報告 4日目

10/5 田ノ浦座り込み抗議行動報告


昨夜、今日のボーリング調査準備作業開始は10:00からと連絡が入ったので10:00に浜に下りる。


中電側はいつもの3隻に加えもう1隻増えている。双眼鏡で確認すると中電の作業着ではないライフジャケットを着た人影が見える。

どうやらダイバーを待機させているらしい。

かなり沖合いに黒っぽい船がこちらを向いているので釣り船だろうと念のため望遠カメラのシャッターを切る。

拡大画面を見ると何と海上保安庁のタグボートではないか!


海保タグボート211005.jpg


「タグボートなんか出動させるなんてキナ臭いね!そんな状況でも無いのに」と話していると、祝島と田ノ浦中間地点辺りに西から真っ白い船が現れる。

一目で海保の巡視艇とわかる。船名から徳山海上保安部所属の巡視艇であることがわかる。


海保巡視艇211005.jpg


時を同じくして背後の山の尾根伝いにバリバリと大音響で低空飛行のヘリコプターが現れた。

「マスコミかね?絶対、ここ狙いよね!」とカメラを向けた。

拡大すると、何と機体真ん中に日の丸と「JAPAN COAST GUARD」の文字、尾翼には「海上保安庁」とある。


海保ヘリ211005.jpg


何のために、どこから要請があって出動しているのか?中電が要請したのか?それなら、言動不一致も甚だしい。


今回のボーリング調査着手にあたり、中電は「祝島の皆さんのご理解を得ずに強行することは致しません。現場に船が1隻たりともいる場合は強行しません。」とマスコミの前で堂々と言ってのけたではないか!!


ヘリコプターは田ノ浦上空を2周すると西側尾根に消えた。タグボートは10:40頃に引き上げた。

海保まで呼んだということは、今日はかなり強硬姿勢で来る気かなと見ていると、指令船が祝島船団の真ん中に入り込み、すぐ後ろにダイバー船が付いて来た。

祝島の船が指令船とダイバー船の間に位置を取ったのでダイバー船もそれ以上近付くことはなかった。


同じようなやり取りが12:00過ぎまで続き、海上も陸上も昼食休憩となった。

13:00頃、指令船が祝島船団に接近したので、午後の作業再開だなと見ていると、祝島の船がこちらに近寄って来る。

今日の作業は終了と通告してきたそうだ。

明日も作業をするかもしれないと含みのある言い回しもしたと言う。


夕方、祝島の方から明日の準備作業は中止との連絡が入った。

海面占用許可は明日で自動的に期限切れとなる。

また、いつ再申請をして来るかわからない。

私たちの闘いはまだまだ続く。




posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | 会からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド