2024年04月08日

24年4月のカンムリウミスズメ調査報告5−3



沖合へ進むとまた波が出てくる。


240406沖合から見た長島方面.jpg


八島の南端近くでウミネコやウ類が群れていたが、ウミスズメ類やアビ類の姿は全く見られない。


240406ウ類の群.jpg


240406飛び去るウ類の群.jpg


また波が穏やかになり、鳥探しがし易くなったが、鳥は島回りにいるだけで、海上はさっぱりの状態だった。
研究者のTさんを回収に向かっている時、海上を飛ぶツバメを3羽見かけたが、突然のことで、撮影には至らなかった。
遠く長島方面にタグボートに曳かれたクレーン船が見えたので撮影してみたが、霞んだ写真を撮るのがやっとだった。



240406タグボートに曳かれたクレーン船.jpg


研究者のTさんを回収する頃には雨がポツリポツリと落ちてくる。
とりあえず、持参した桜餅を全員に配り、船長さんに調査を切り上げようと提案。全速力で帰港することに。
海はベタ凪状態になり、見通しは良くなったが、時折、飛んでくるウミネコやウ類を見かけただけで、最後までカンムリとの出会いはなかった。

白浜港への入港時、港の堤防にある灯台の上にいるミサゴを見つけ撮影。


240406ミサゴのお出迎え?.jpg


船が近づくと、さすがに飛び立ち、止まり場を変える。



240406船が近づくと飛び立つミサゴ.jpg


240406止まり場を変えたミサゴ.jpg



船を降り、帰り支度をしている時、Naさんが遠くの電線の上で囀っているウグイスを見つける。まさかと思ったが、一応、撮影を試みる。シルエットのような写真ではあったが、証拠写真をものにできたのは幸いだった。



240406電線の上で囀るウグイス.jpg




(この調査は、地球環境基金、パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク助成金 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。


posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月07日

24年4月のカンムリウミスズメ調査報告5−2


研究者のTさんが上陸を予定している島に近づくと波は静かになってきた。島に研究者のTさんを降ろすと鳥が飛び立った。カルガモのようだ。近くの岩場の上にはイソヒヨドリの姿も見える。

島を離れる時、ミサゴが1羽飛び立つ。

使っているのかどうか分からない巣のある岩場には釣り人が上がっている。抱卵中なら卵が冷えて、繁殖に影響するだろうが、繁殖状況が不明なので、何とも言えない。いつものように隣の島を周回する。

島周りの岩場にはウミウやヒメウ、ウミネコなどが休んでいる。


240406岩場で休むウ類.jpg


240406岩場で休むヒメウ.jpg


240406ウミウとヒメウのツーショット.jpg


240406岩場で休むウミウとヒメウ.jpg


240406岩場で休むウミウ.jpg


240406羽毛の手入れをするウミネコ.jpg


慌てて飛び立つものもいるが、船の動きを見ているのか、動じないものもいる。


240406慌てて飛び去るヒメウ.jpg


この島では前回同様、2羽のミサゴが警戒飛翔をする。今回は、趾に魚を掴んだ個体はいないようだった。


240406島の上を飛び回るミサゴ2.jpg


240406島の上を飛び回るミサゴ1.jpg





(この調査は、地球環境基金、パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク助成金 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。


posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月06日

24年4月のカンムリウミスズメ調査報告5

4月6日(土)、カンムリウミスズメの生息調査を実施したので報告します。

残念ながら、ウミスズメ類に出会うことはできませんでした。

天気:くもり

調査時間:13:00から16:52まで

調査結果:カンムリウミスズメ 0

           

この日は、船長さんたち漁師仲間のお花見の会があるため、午後からの出航となる。

白浜港に到着するとシーパラ横の駐車場で開催されていた花見の会は宴たけなわ、船長さんは朝からお花見の準備に加えて、地元のご婦人たちのお花見会で皆さんを白井田まで送迎するなど忙しかったらしい。船長さんが食事をされている間、私は港にいたアオサギの写真を撮って時間を潰す。


240406獲物を窺うアオサギ.jpg


240407アオサギが2羽.jpg


船長さんは食事もそこそこに船を港に回してくれたので、さっそく船に乗り込む。船が港を出る時、近くに着水していたウが慌てて飛び立つ。


240406何?ウ.jpg


撮影したピンボケの画像で確認するとウミウのようだった。


横島のヤマザクラが満開だったので撮影を試みたが、お天気が今一つで映える写真とはならなかった。

240406ヤマザクラが満開の横島.jpg


少し進んだところで磯釣りの人の周りにウミネコの小群が見られた


240406釣り人の周りに集まるウミネコ.jpg


どんよりした天気で遠くの島々は霞んでいる。波はさざ波程度だが、風は冷たく感じられた。沖合に進むにつれ、うねりが出てきて、船の上下動が激しくなる。船の後方から聞きなれない物音がしてきたので、何だろうかと思っていると、船長さんが後ろを指さす。黒っぽいヘリが近づいて来る。


240406後方から突然現れた米軍のへり.jpg


240406頭上を飛んで行く米軍のへり.jpg


以前見かけた米軍のへりのようだ。次々に飛んできて、全部で3機。





(この調査は、地球環境基金、パタゴニア日本支社 環境助成金、LUSHチャリティバンク助成金 を受けて行いました。 敬称略:五十音順)

※生息地保全のために詳細な調査区域を非公表としています。


posted by Sunameri at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
タグクラウド